> > > みずほ銀行のカードローンを契約するのに必要な書類を知りたい

みずほ銀行のカードローンを契約するのに必要な書類を知りたい

カードローンを使うなら大手がやっぱり安心な気がして、みずほ銀行のカードローンの利用を今考えています。即日審査で結果も早くでますから、もし落ちてしまっても次に行きやすいっていう点も個人的には魅力です。ちょっと後ろ向きな考え方ですけどね(笑)。

さて、ここで質問があるんですが、みずほ銀行のカードローンは必要書類が他のカードローンに比べてややこしかったり、多かったりすることはあるでしょうか?ざっとホームページを見てみたのですが何が必要なのかちょっとわからなくて…。私の探し方が悪いだけだとは思うんですが、みずほ銀行のカードローンを契約するにあたって必要な書類を教えていただきたいです。

一定金額を超えない限り身分証明証を用意しておけばOKです

借り入れ金額にもよるのですが、200万円以下の場合は運転免許証やパスポート、健康保険証など身分を証明できる書類がひとつあれば問題ありません。一番好まれるのは運転免許証だと思います。写真もありますし、本籍地や住所もしっかり記載されていますから、身分証明証としては最適と言えますね。このどれらも用意できない…ということはないとは思いますが、万が一用意が出来ない場合は印鑑証明証や住民票でもOKです。ただ、これら2つは発行してから3ヶ月以内のものしか提出しても受け付けてくれませんので注意してください。

借り入れ金額が200万円を超える場合は、別途書類が必要になります。どのような書類が必要なのかといいますと、申込者の年収を証明する書類が必要になります。具体的には源泉徴収票や住民税の決定通知書または課税証明書、納税証明書などになります。200万円を超えてお金を借りるということはそうそうないと思いますので、カードローンを利用する上で提出する必要はほぼないといってもいいと思います。

まとめますと、200万円を超えない場合は運転免許証と印鑑、200万円を超える場合は何かしらの収入(年収)を証明する書類をプラス…とおぼえていただければOKです。

【参考ページはこちら】
自分に合ったカードローン会社、どう選べばいい?

みずほ銀行のカードローンjで必要な書類はたったのこれだけ

カードローンは1度作っておくと、上限金までは何度でも借りられるので急な時でも安心です。何度も借りるために窓口やATMへ行く必要にもなく、契約書や提出書類を揃えることもないので時間の省略にもなります。それに、財布に持っていれば、全国で使えるので、外出中でも困ることなく使えるのも心強いです。

そんなカードローンですが、実際に使い勝手が良く、安心できるサポート力のあるブランドを選ばないと、メリットを最大限に生かすことができません。そこで注目なのがみずほ銀行の発行するカードローンなのです。この1枚があれば、いつでも使えます。

みずほ銀行では、みずほ銀行にすでに口座を持っている方には、特に手間いらずで申し込みから契約までできてしまいます。ですから、最短でその日中に契約まで完結することができます。急いでいる時にも頼れる存在になるのです。(こちらもご参考にどうぞ→カードローンの申込み方法についてもっと詳しく!

まず、口座を持っている方はネットで申し込みを入力して送信します。すると審査をして、仮の結果をメールで送ってくれます。それから、必要な書類を写真に撮って送るだけです。確認が取れればカードローンが使えるようになります。

これがカード上限が200万円以下で通帳を用意できる、もしくはみずほダイレクト利用者であれば、必要な書類がなくても、審査を完結させることができます。すでに確認済みをして、本人確認書類を新たに提出する必要がなくなるのです。ですから、書類を用意する面倒がなくなります。

もし、みずほ銀行に口座を持っていなくても、作成することに支障はありません。申し込み方法は一緒です。しかし、本人確認書類を始めとした必要書類を郵送で送って確認してもらうことで審査終了します。審査状況や金額によっては、身分証明書以外にも必要になりますが、それでも最小限で済みます。
(⇒みずほ銀行の口座を持っていない方はこちらをご参考に

みずほ銀行に口座を持っていると断然手間も必要な書類も少なくて済むのが最大のメリットです。もちろん、口座がなくても簡単な手続きで済むので、堅実な1枚として安心のカードローンとなります。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ