> > > カードローンの審査で会社にばれるのはいやなときどうしたらいい

カードローンの審査で会社にばれるのはいやなときどうしたらいい

カードローンを利用したいけど、審査で会社にばれる可能性があると聞いて申込みをすることができないんです。会社に借金をする気なんだとばれたら居づらくなってしまうし、影でこそこそ言われるかもしれないと思うと気が気でないんです。カードローンの審査で会社にばれるのはいやなときどうしたらいい?

審査で会社にばれることはまずありません!

カードローン審査時に会社にばれるおそれがあるというのは、在籍確認のことですね。在籍確認はカードローン会社から実際に勤務しているかどうか勤務先に電話がかけられます。そのときにカードローンを利用するとばれる可能性があるのではないかと言われているのです。しかしながら、安心してください。

カードローンの在籍確認ではカードローン業者名を言うことはありません。個人名で電話をかけるので、カードローン業者からの電話だとはばれることはないのです。さらに、会社のナンバーディスプレイで固定番号だと困るということであれば、携帯電話からかけてくれる業者もあります。そして、会社によっては忙しくて電話に出れないときや電話が困る時間もありますよね。そうしたときは時間指定をさせてくれるとこもあります。

このように在籍確認のときは細心の注意をはらってカードローン側も対応してくれます。不安な点や疑問点、要望などあれば事前に相談することで会社にばれることなく在籍確認を済ませることができます。それに在籍確認では本人が出なかったとしても出た人に申込者のことをいろいろ聞くことはありません。「●●さん、いらっしゃいますか」「●●は席を外しています」というような会話で在籍確認が済みますのでばれるものではありません。

審査で会社に連絡を取るのはこの在籍確認だけですので、これを乗り越えれば会社にばれるおそれはないので安心ですね。また、審査以外で会社にばれる可能性があるとすれば、あとは返済が遅れてしまったときです。返済を延滞し、なおかつ利用者と連絡が取れなくなってしまうと自宅の電話はもちろん、勤務先に電話がくる可能性が高くなります。もちろん、在籍確認のとき同様、カードローン業者名を出すことはありませんが、その連絡が度重なれば周囲から怪しまれることは間違いありません。

しっかり返済を行っている限りは無用意に勤務先の会社に連絡がいくことはないので、周囲や会社にカードローン利用をばれたくないのであれば、まずは返済を遅れないようにしましょう。万が一、返済が遅れてしまう場合もカードローンからの連絡を怖がらずに受けるようにすることが大切です。

【参考ページはこちら】
カードローン利用がバレるのが心配!在籍確認の方法を教えて

カードローンの審査で会社への連絡がいやだと感じる人のために

カードローンの審査では在籍確認が行われる事があります。行われないこともありますが、絶対に行わないと明言している金融機関は、今のところは見たことがありません。「電話連絡なし」と書かれている場合であっても、絶対に電話連絡をしないと書いているのではなくて、連絡をすることもあるとどこかに書かれていることが多いです。ですから、どこに申し込みをしても会社に電話がかかってくる可能性はあります。

これがいやだと感じる人も多くいて、そのためにカードローンに申し込みを使用かどうかと悩んでいる人もいます。もしも悩んでいるのなら、気にせずに申し込みをするほうが良いです。というのも、会社に対して電話がかかってきたとしても、それが理由で立場が悪くなったり、居づらくなったりすることは考えいにくいからです。

お金を借りることは悪いことではありません。違法な業者から借りるとなれば、それは問題があるかも知れません。しかし、法律の範囲内で借りるのであれば、何も悪いことはありません。必要なら借りれば良いのです。借りたことが原因で嫌がらせを受けると言ったことはあり得るかも知れません。

そんなことを考えると、申し込みをするべきなのかどうかを悩んでしまうかも知れませんが、ほとんどの場合には電話がかかってきたとしても、それがカードローンの審査の電話だとは分からないでしょう。金融機関の名前で電話をしてくるのではなくて、たいていは個人名で電話をしてくるからです。ですから、お客さんや知り合いから電話がかかってくるのと同じようなものなのです。

カードローンの審査で電話がかかってくる事をいやだと思う人は多くいますから、金融機関側もこの点に気を遣ってくれていて、借り入れの申し込みであることを回りに知られないような方法を考えてくれるのです。ですから、あまり悩む必要はありません。お金が必要なのであれば、気にせずにさっさと申し込みをするほうが良いです。
(⇒カードローンの申込み方法に関するオススメ記事

新着記事
カテゴリー
ページトップへ