> > > カードローン審査の在籍確認が出来ない場合どうしたらいいのか

カードローン審査の在籍確認が出来ない場合どうしたらいいのか

私の会社では社内規程で在籍確認を禁止されています。カードローンを申込みすると在籍確認がありますが、社内規程で禁止されているので、電話をかけられると困ってしまいます。こっそり自分が取ればいいのかもしれませんが、そういうわけにもいかないですし、バレたときにやっかいです。カードローン審査の在籍確認が出来ない場合どうしたらいいのでしょうか?

カードローン担当者に相談すれば代替措置をとってもらえることも!

カードローン審査で不安なのは在籍確認ですよね。最近の会社では在籍確認が禁止ということもよくあるようです。こっそりバレないように在籍確認を受けて仕事がし辛くなってしまったら元も子もありませんよね。そんな危ない橋を渡るのはやめましょう。そうなると在籍確認なしでどうやって審査をしてもらえばいいのでしょうか。

こうした在籍確認が禁止の会社があることはカードローン業者もよく知っています。カードローン業者の中には電話での在籍確認でないとダメだというところもあります。ですが、カードローン業者の多くが代替措置対応を取ってくれます。代替措置は社員証や収入証明書などで実際に働いていることがわかれば、在籍確認とするというものです。これならば、勤務先に電話をかけられることもありませんので、社内規程に反することもないので安心です。

また、もし社内規程で引っかからなくてもある一定の時間帯でしか人がいない。固定電話からかけてきてほしくない。など、希望があれば時間指定や個人携帯からの発信など柔軟に対応してもらえることが多いです。まずは、どうしても在籍確認ができない事情をカードローン担当者に相談しましょう。
(⇒カードローンの在籍確認に関するオススメ記事はこちら

在籍確認が出来ない場合はカードローンを利用できない

何か理由があって在籍確認が出来ない場合には、カードローンの審査には通らないと考えておきましょう。いろいろな理由がありますが、理由があるからといって言い訳をすれば許されるという世界ではありません。理由があろうがなかろうが、確認しなければならないときに確認をとることができなければ、審査には通りませんから借りることはできないのです。

では、具体的にはどのようなケースがあるのでしょうか。普通の会社ならあり得ないとは思いますが、回線がつながらないこともありえます。たまたまそのときだけ電話がつながらないような状況になっていることもあるでしょう。一般的な固定電話であれば問題はありませんが、IP電話などではよくあることです。

会社が電話料金を支払っていなくて、電話が止められている状況もありえます。このような会社に勤めていれば、いずれ会社が倒産して仕事を失ってしまう可能性はあります。このようなケースでは、在籍確認をとることができませんから、審査に通ることはないと考えておきましょう。

電話が通じたとしても、本人がそこで働いているのかどうかが分からない事もあります。大企業に勤めていて、申し込みをするときに部署の電話番号ではなくて代表電話の番号を記入していれば、名前だけを告げても本人につながらないこともあります。このようなことになるとやはり確認が取れないと言うことで審査に落ちることになりますから、確認の取れる電話番号を記入しておく必要があります。

電話がかかってきたときに、本人が電話に出なくても確認できる場合もあります。電話をしたとしても、席を外していますと答えてもらえればそこで働いている事はわかるでしょう。金融機関によっては本人に連絡が取れなければならない場合もありますが、たいていは本人が電話に出なくても、そこで働いている事さえわかれば在籍確認は完了します。普通の会社が普通に対応すれば、たいていは審査に落ちることはないのです。

【参考ページはこちら】
申込み後すぐに在籍確認するカードローンってあるの?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ