> > > 銀行系カードローンでも在籍確認ない場合ってあるの

銀行系カードローンでも在籍確認ない場合ってあるの

消費者金融の中には、稀に在籍確認をパスできる業者があると聞きましたが、銀行系カードローンでも在籍確認をパスできる銀行はあるのですか?できれば消費者金融よりも銀行から融資を受けたいのですが、私の部署は電話が滅多にかかってきません。仮にかかってきたとしても、上司宛です。どうにかして在籍確認をパスしたいのですが、やはり銀行だと難しいですよね?

事前に話を通しておくのが、一番後腐れのない対策です

インターネット等からお申し込みをする際、備考欄があれば、そこへ勤務先への在籍確認を控えてほしい旨を記入しましょう。消費者金融では稀に、こういった方法で在籍確認をパスできる業者が存在します。収入証明書等の提出や限度額、最悪の場合は審査結果への影響なども考えられますので、それをご留意の上で実行に移して下さい。

しかし、以上はあくまで消費者金融の場合。ただでさえ消費者金融より審査が厳しいと言われている銀行系カードローンとなると、その限りではありません。ここは腹を括って、事前に話を通しておくのが、一番後腐れのない対策だと思います。

ただ、1つだけ在籍確認をパスする方法が御座います。「パスする」という表現は適切ではないのかもしれませんが、銀行系カードローンの多くは、口座利用者を対象に自発的なカードローン審査を行っています。

まず、ATMを利用してみましょう。審査を通っていると、画面に融資のご案内が表示されますので、その場合に限り、簡単なお手続きのみで契約まで進むことが可能です。画面にご案内の類が表示されないのなら、審査を通らなかったか、または審査自体がまだ行われていないか、銀行がカードローンサービスを提供していないかのいずれかになります。その場合は、通常のお申し込み手続きから手順を踏んでいくことになりますので、在籍確認をパスすることはできません。

在籍確認ない銀行系のカードローンに共通すること

銀行からお金を借りるときには、たいていは在籍確認が行われます。お金に関する事ですから慎重に融資を行うというのが金融機関側のスタンスです。お金を借りるだけ借りて返済しないでおこうと考える人がいないとも限りません。普通の人ならこのようなことはないでしょうが、中には良からぬ事を考える人がいないとも限らないのです。

このようなことから、銀行は貸し付けを行うときにいろいろな審査を行うのですが、その中でも最も重要なものが在籍確認です。貸す側としては貸し付けた資金が返済されて、そして利息を受け取ることができるのなら、それで良いのです。しかし、そのためには収入が必要です。その収入が確保されているのかどうかは非常に重要なことです。

勤務先の情報は申し込みをするときに記入するのが普通です。それが正しいのかどうかを確認するためのものが在籍確認です。住宅ローンなど、金額の大きいローンの場合にはたいていは在籍確認が行われるのですが、カードローンの場合には行われる場合とそうではない場合とがあります。つまり、在籍確認ないカードローンもあるのです。

在籍確認がないカードローンのサービスでは、勤務先についての確認が全く行われないのかと言いますと、そうではありません。たいていは他の方法で確認が行われるのです。例えば、保険証や社員証を提示することによって本人確認を行った場合には、それが勤務先で働いている事を証明するための書類となります。ですから、在籍確認の電話をかける必要はなく、そのために、在籍確認が行われないのです。

他にも、条件が悪くなって良いのなら在籍確認が行われない場合もあります。例えば、消費者金融の中には在籍確認を行わないものもあるのですが、その場合には借入限度額が非常に小さかったり、金利が法律の上限ぎりぎりであったりするというように、融資の条件としてはあまり良いものではない場合が多いですから、実用的なものではないとも考えられます。

【参考ページはこちら】
カードローンの在籍確認が気になる方にオススメ記事

新着記事
カテゴリー
ページトップへ