> > > カードローンの審査状況は、在籍確認である程度判断できますか

カードローンの審査状況は、在籍確認である程度判断できますか

至急カードローンを申し込みたいのですが、カードローンの審査状況は、在籍確認である程度判断できますか?と言うのも、私は10年ほど前に自己破産を経験しており、現在もまだブラックリストに登録されているのかが分かりません。事前に情報開示の手続きをしようにも時間が掛るようですし、幸い職場は誰宛の電話があったのかすぐに確認できますので、在籍確認の電話があり次第、すぐに契約の準備を進めたいのです。在籍確認の電話があったということは、審査はほぼ通ったと見て問題ないのですか?

在籍確認が行われたら、審査は大詰めと見て良いでしょう

消費者金融や銀行にもよりますが、在籍確認が行われたなら、審査は大詰めと見て良いでしょう。基本的に在籍確認は、ご契約を希望された方の個人情報の確認や、信用情報(ブラックリストとも言われています)の確認が行われた後に行われることが多いです。つまり、在籍確認が滞りなく完了すれば、すぐに審査通過の旨が伝えられますし、ご契約へと進める場合がほとんどですので、ご安心下さい。

また、ブラックリスト…正しくは信用情報機関の事故情報と言いますが、一般的な掲載期間は平均で7年。長くても10年です。信用情報機関によって掲載期間は異なりますが、10年を回っているのであれば既に新規契約は可能となりますので、ご安心下さい。しかし、理由がどうであれ過去に自己破産をした事実は消えません。気を緩めずに、計画的なご利用を心掛けましょう。

【参考ページはこちら】
カードローンの在籍確認、連絡が来るタイミングはいつ?

カードローンの在籍確認は審査状況によってあるかどうか変わるのか

カードローンの利用において、カード会社が行っている審査はとても厳正なものとなっています。借りたお金をしっかり返す事が出来る人物であるのかを調べられる事になります。ほとんどの人は返す気持ちでカードローンを利用しようと考えていますが、カード会社としてはそういった気持ちを知る術がありません。そういった理由から数値や情報だけを元にして、お金を貸してもいい人物かどうかを判断する事になります。

この審査においては、全ての情報に裏付けが取られる事になります。名前から住所や勤務先まで、妥協せずに徹底的に真偽を確かめられる事になります。勿論嘘を書いてしまって発覚する事になれば、ブラックリストに載る事になりしばらくの間は再申込をする事が出来なくなります。スムーズにお金を借りる為にも正しく記入する事が大切です。

この審査の過程において、職場への在籍確認があります。これは直接職場に電話がかかってくるので、利用者としては敬遠してしまう事柄となっています。この在籍確認は審査状況によって実行されるのかどうか変わってくるのかというと、そういうわけではありません。この在籍確認は前述した通り、情報の裏付けの為に実行されているので審査の過程というよりも、審査を行う上で必ずする事になる事柄となっています。

つまり、審査に通過出来る見込みがあっても無くても、この在籍確認は必ず行われる事になります。この在籍確認を拒否するという事は審査に落ちるという事になるので、多少嫌だと思っても我慢するしかありません。どうしてもやむを得ない事情がある場合には、特定の証明書の提示によって免除される場合があります。

しかし、多くの金融期間ではこの確認が必須となっているので、多くの場合は免除する事が出来ません。特に銀行から借入をする場合にはそういった免除をしていない事が非常に多いです。しかし、銀行は低金利であるので利用者としては銀行から借入をしたいところです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ