> > > 在籍なしでも通る、審査の甘いカードローンは

在籍なしでも通る、審査の甘いカードローンは

今は働いていないのですが、どうしてもお金が必要になってしまいました。在籍なしでも通る、審査の甘いカードローンはありますか?やはり、定職に就いていない限り、カードローンを契約するのは難しいのでしょうか?よろしくお願いします。

方法は幾つか存在します

ブラックリスト(信用情報機関の事故情報)掲載者や自己破産者となると難しいですが、定職に就いていない程度なら、融資を受ける方法は幾つか存在します。ここでは審査のハードルとも言える「勤務先への在籍確認」を突破する方法を2つ、ご紹介致します。

まずは、在籍確認の無い金融機関に融資を申し込む方法です。しかしヤミ金業者は違法な金利で取り立てを行う悪質な業者。切羽詰まった理由が無い限り、お勧めは出来ません。ヤミ金業者から融資を受けるくらいならば、アルバイトでもいいので、すぐに職を探した方が安全と言えるでしょう。街金ならば、勤続年数が審査に影響しないところもあるはずです。

また、お申し込みの備考欄や窓口でのご契約の際に、在籍確認を避けてほしい旨を伝えることによって、稀にですが、在籍確認をパスできるカードローンも存在します。しかしその場合は収入証明書等を提出する必要が御座いますので、定職に就いていない方が審査に通ることはまず不可能です。

もう1つが、個人事業主として融資を申し込む方法です。今後一人立ちを考えているのであれば、良い機会。今の内に開業してしまいましょう。費用は必要ありませんし、お近くの税務署に個人事業の開廃業届出書を、都道府県税事務所に個人事業開始等申告書を提出すれば、それだけで開業が完了します。開業初年度ならば、審査に必要な証明は納税証明書ではなく、開業届出書の控えでも可能なケースが多いです。ヤミ金業者から融資を受けるよりは、ずっと安全ですね。

【参考ページはこちら】
勤め先に確認するってホント?カードローンの審査

審査甘いカードローンは在籍なしのものが多い?

審査甘いカードローンには様々なものがあるのですが、在籍なしのケースが多いと言われることがあります。これは本当なのでしょうか。審査甘いカードローンを利用した人の中には、「会社に電話はかかってこなかった」という人も多いですから、在籍なしのものが多くあると考えられているようです。実際にはどうなのでしょうか。

まず、在籍が行われない理由を考えてみるべきでしょう。金融機関としては働いているのかどうかを確認するために確認の電話をしたいと考える方が自然です。それくらいの確認をしない方が、借りる方としては不安ではないでしょうか。きちんとした金融機関なら、きちんとこのようなところまで確認しているのが普通なのです。(こちらもご参考に→カードローンの在籍確認は事前連絡ある?

しかし、実際には電話確認をしない事もあります。どのようなケースなのかというと、他の方法で確認できる場合です。具体的な例を挙げれば、社会保険証がある場合に電話での確認を行わない金融機関は多くあります。社会保険証があれば、その会社で働いていることがすぐに分かりますから、わざわざ電話での確認を行わないことも多いのです。

電話をかけたとしても、在籍なしのように感じてしまうこともあります。金融機関によってスタンスは異なっていて、本人が電話に出なければならないと基準を決めていることもあるのですが、そうではなくて本人でなくても良い場合もあります。本人以外の人が電話に出て、「そんな人はいません」と対応されれば問題ですが、「只今は席を外しております」と対応すれば働いている事は確認ができるでしょう。

このようなケースでは、本人は在籍が行われたのかどうかを知らないまま審査に通過することもあります。実際には行われていたとしても、本人が知らないだけのケースも多くあります。このようにいろいろなケースがありますから、審査甘いカードローンには在籍なしのものが多いと考えられていますが、実際には行われるケースが多くあるのです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ