> > > 申し込み後の在籍確認がカードローンにあるって本当ですか?

申し込み後の在籍確認がカードローンにあるって本当ですか?

はじめまして。サワキと申します。某商社に勤めておりまして、現在、パキスタン在住です。パキスタンはイスラム圏で、街には男性しかおらず、最初来た時は面くらいましたが、なかなか良いところです。割とパキスタンの人達良い人多いし。さて、この度、半年ほど日本で生活する事になりました。出来れば、日本に帰ってきたかったんですが、残念ながら一時的な帰国です。でも、どうせならと思い、日本を満喫しようと思っています。

商社の本社は都内にあるのですが、実家は九州にあり、休みの時に何とか顔を出したいと思っています。ついでに、この機会に妻になる女性を紹介しようと思っています。

実は、パキスタンの支社で出会った、日本人女性と結婚の約束をしました。しかし、先立つものがなく、指輪も送っていません。海外勤務と言えば、華やかな生活を想像するかもしれませんが、実際は言うほどお金を特別貰っている訳ではなくて、ちょっと出費があると、あっと言う間になくなります。

そんな訳で、ちょっと指輪代をどこかから借りようと思っています。具体的にはカードローンを利用しようと思っているのですが。何分初めての事ですので、良く分からない事が多いです。

まだ、日本にいる期間には余裕があるので、大丈夫だと思うんですが、在籍確認と言うのがあると聞きました。万が一、パキスタンに帰っている場合は、どうなるのでしょうか……?流石に、若干心配です。これは、本当に誰にでもあるものなのでしょうか?

在籍確認は必ずどこのカードローンの利用をしてもあります

サワキさん、パキスタンでの生活お疲れ様です。そして、ご結婚もおめでとうございます。何だか、色々と素敵な人生なのですね。指輪を、奥さんになる方に、是非贈られる様、祈っております。

在籍確認の質問ですが、カードローンには確実にあります。最近は会社によって、所得証明を出さなくても良くなったりしましたが、在籍確認だけは基本的に無くなる事はありません。そして、基本的にカードローンは国内在住の方を対象にしている為、恐らくパキスタンに居住している事は隠した方が良いと思います。
(⇒カードローンの在籍確認に関するオススメ記事はこちら

それと、基本的な事ですが、在籍確認の際に、会社名等を言われる事はありませんので、ご安心を。個人名で、サワキさんに取り次ぎする様に電話してくる筈ですので、大丈夫です。在籍確認までの日数がタイトな会社もありますので、上手く東京の本社にいる時に電話がかかってくる様に申し込みをしてみると良いと思います。

カードローン申し込み後の在籍確認について

カードローン申し込み後の在籍確認は大抵の場合勤務先への電話となります。勤務先というのは申請時に登録した会社やバイト、派遣先のことです。カードローンやキャッシングでは消費者金融にしろ銀行にしろ安定した収入があるか否かは重点的にチェックされます。当たり前ですが、安定した収入さえあれば期日までに返済できる可能性がとても高くなるからです。しかしこの在籍確認は多くの方が不安を感じている審査でもあり、カードローンを申請する人は大抵の場合周りの人たちにローンを利用したことをバレたくないと思っています。(こちらもご参考に→バレるのが心配!カードローン在籍確認の方法を教えて

しかし大抵の場合この在籍確認で上司や同僚などの他の人たちにバレる可能性はほとんどありません。お金を貸す側としても在籍確認では申請どおりの会社で働いているかをチェックできればいいだけで、必要以上の負担を利用者にかけるのは本意ではありません。そのため、消費者金融、銀行ともローンを利用していることがバレないように最大限の配慮をした電話をかけてきます。場合によっては2ヶ月程度分の収入証明や社員証、社会・組合保険証などで在籍を確認して電話をかける必要がなくなる場合もあります。

電話をかけてくる際の内容についてですが、これはローンを利用する際の消費者金融、銀行先や利用するプランなどによって多少変わってきます。最も楽なのがクレジットカードを利用したローンです。クレジットカードを持つことは恥になると考える人はまずいません。それどころかカード会社によっては持つことでステータスになるものも多く存在します。

そのため、クレジットカードの場合はカード会社の名前を名乗った電話をかけてくることが多く、その流れで申請者は在籍しているかを電話に出た人に聞きます。そのときに本人がいれば電話をかわり、生年月日や住所等を軽く聞かれるだけで在籍確認は完了します。本人がいなくても問題になることはなく、休暇中や休暇中などの事実を電話に出た人から聞くことで在籍確認は終わります。

【参考ページはこちら】
自分に合ったカードローン会社、どうやって選べばいい?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ