> > > みずほ銀行カードローンは主婦でも審査が通る?

みずほ銀行カードローンは主婦でも審査が通る?

子育てに何かとお金がかかっている主婦です。近所のお母さん同士のお付き合いで、子どもが合宿に行っている間に海外旅行に行くことになりました。いろいろ家計をやりくりはして貯金はしているのですが、貯金だけでは足りないので、もしできれば一時的にお金を借りて旅行資金に充てたいと考えています。その場合、社会的にも信用のある大手銀行から借りたいのですが、みずほ銀行カードローンは主婦でも利用できるのでしょうか?

みずほ銀行カードローンは主婦でも気軽に利用できます

みずほ銀行カードローンはアルバイトをしている主婦だけでなく、専業主婦の方も申し込める大変便利なカードローンです。社会的な信用もある大手銀行は、一般的に考えると、収入のない人にはお金を貸してくれないと考える人が多いでしょう。ところが、実際は思っているのとは逆で、消費者金融会社で専業主婦はお金を借りられないけれども、銀行では借りられるのです。
(⇒カードローンを利用しやすい職業ってあるの?

これは「総量規制」という法律に定められた規制と関連があります。「総量規制」とは、収入の3分の1を超えるお金を貸してはいけないという規制です。これは銀行に適用されず、消費者金融会社にのみ適用されています。それはなぜかというと、過去に消費者金融会社でお金を多額に借りて借金が返せず、多重債務者になった人が増加した時期があったからです。

アルバイトをしている主婦は収入が少ないですし、専業主婦に至っては収入がありません。それでも総量規制がないために、みずほ銀行ではお金を貸し出すことができるのです。ただし、申し込みの条件はあり、20歳以上61歳未満、申し込み者または申し込み者の配偶者が安定した収入を得ていることです。限度額の1000万円は当然無理ですが、10万円から30万円の限度額までの申し込みは可能です。

申し込みの際には、本人確認書として、運転免許書や健康保健証、パスポート等が必要です。申し込みは、まずパソコンやスマートフォンでみずほ銀行のホームページを開いて、お金を借りる項目を見てください。みずほ銀行の口座を持っていれば、即日の融資も可能ですし来店手続きや郵送の必要も一切ありません。家族に審査結果やカードローンの利用を知られることなく、すべてパソコンやスマートフォンで完結するので、面倒もありません。また、キャンペーン中であれば、利息を100パーセントキャッシュバックするというサービスも行われています。事前にキャンペーンをやっているか調べておくとよいでしょう。

【参考ページはこちら】
専業主婦は銀行系カードローンでどれくらい借りられる?

みずほ銀行カードローンに申し込むけど、どうすれば審査通る?

財布の中がピンチという状態を給料日前などに経験している人は多いですが、そんな緊急事態の時に限って急な出費が必要になるともうどうしていいかわからなくなってしまいます。長引く不況の影響もあり、多くの人は思うように貯金をすることもできず逆に貯めてあるお金を少しずつ引き出して生活しているという人も少なくありません。

しかし引き出す貯金もそこをついてしまっている場合、駆け込む先は消費者金融などですが手軽にお金を借りることが出来、しかも審査基準が緩く審査にかかる時間も短いとあって困った時には頼りになる強い味方です。しかし最近では大手都市銀行なども消費者金融機関を傘下に収めた影響もあり、多くの都市銀行がカードローンの名前で比較的簡単に借りることが出来るローンを開設しています。

大手都市銀行のみずほ銀行でもみずほ銀行カードローンという商品を提供して、大手銀行並みの低金利という点は残しながらも、審査基準を緩くそして審査にかかる時間を短縮し最短で即日と言う速さで審査を終えることが出来るローンを提供しています。基本的には与信審査で問題のない人で、安定した収入のある人であればお金を借りることが出来ますし、安定した収入があれば正社員でなくてもパートタイムやアルバイトであってもカードローンを申し込むことが出来ます。

大手都市銀行のカードローンを利用するとあって実際に審査通る?と不安になる人もいると思いますが、安定した収入があり与信情報に問題がないようであれば銀行だけらと言って恐れる心配はありません。(こちらもご参考に→カードローン審査に通過するコツを教えて!)しかし他社からの借り入れなどが年収の1/3以上ある場合には総量規制に引っかかってしまい、審査を通過することができないので注意が必要になります。

一度審査に通りカードが手元に来れば限度額内で何度も借り入れることが出来ますが、返済に問題がある場合にはカードの取り扱いを停止される場合も勿論あるので、計画的に利用ししっかり返済することも非常に重要になります。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ