> > > 在籍確認なしでさっとカードローン借りれませんか?

在籍確認なしでさっとカードローン借りれませんか?

親が入院することになって早急にお金が必要です。仕事が忙しく時間もないので在籍確認など煩わしいことなくさらっと借りることのできるカードローンはありますか?友人に聞くと在籍確認は必ずあるということですがどうなんでしょうか?

モビットのウェブ完結なら在籍確認はありません

人生には急にお金が必要になることがあります。そんなとき身近にお金を貸してくれる人がいればいいのですが現実はそう甘くはありません。やはり思い浮かぶのはカードローンですがカードローンの場合すぐに借入できるとは限りません。とくに銀行や信販会社のカードローンは審査が厳しく、かつ、審査に時間がかかるイメージです。

さらっと借りたいならやはり消費者金融系でしょうね。現在では消費者金融のほとんどがネット申し込みなので自宅いながら楽々借入できてしまうのです。ただ、在籍確認がない会社というのはほとんどありません。在籍確認がなければ勤務先を確認できないからです。申込者は勤務先を申告しますが申告内容が本当かどうかなかなか証明できません。勤務先が確定しなければ年収などを推測することができないわけです。

しかし、1社だけ在籍確認のないカードローン会社があります。それがモビットのウェブ完結です。モビットと言えば赤がイメージカラーの三井住友銀行グループの消費者金融です。有名人がCMで起用されていますので誰でも一度はその名前を耳にしたことがあると思います。

モビットのウェブ完結は三菱東京UFJ銀行もしくは三井住友銀行に口座をすでに開設していることが申込条件となります。また在籍確認を行わないかわりに会社が発行する社会保険証と直近の給与明細が必要となります。ウェブ完結を利用すれば自宅に取引明細が送られてくることもありません。その名の通り全てがウェブ上で完結されることになります。

唯一在籍確認のないモビットですが金利が高いのが難点です。モビットの金利は18・0%でこれは合法な金利の限度内では最大になります。消費者金融のほとんどが17.8%を設定している中でやはり金利の負担は免れません。ウェブ完結の利用条件を満たすことができない場合は通常のカードローンとなり、この場合は在籍確認を行うことになります。在籍確認を嫌がる人は多いですが、在籍確認によって不快な思いをしたという報告はあまりききません。

実際にはカードローンだとわからないように個人名で電話をかけてきますし、会社にばれるということも稀です。あまり在籍確認の有無にこだわらず、自分にとって総合的に条件の良いカードローンを選ぶ方がいいと思いますよ。

【参考ページはこちら】
自分に合ったカードローン会社の探し方が知りたい!

在籍確認なしで、さっとカードローンを契約できるおすすめのもの

三井住友銀行グループのカードローンなら、パソコン、スマートフォン、携帯電話など多くの方が1台は持っている便利なツールを使ってインターネットからいつでも24時間申し込むことができます。インターネット上から借り入れの申し込みをすることによって、契約の全てをWEB上で完結させることができるので非常に便利なカードローンと言えます。

三井住友銀行グループのカードローンは、審査のスピードが速いので最短30分で回答が出て即日融資を受けられます。申し込みの審査基準は、年齢が20歳以上から65歳以下で一定の安定収入がある方であれば誰でも簡単に申し込みが可能で、派遣社員や自営業者、パートやアルバイトの方など様々な職業の方が融資を受けることができるカードローンです。

三井住友銀行グループのカードローンの大きな特徴であるWEB完結申し込みを利用すれば、当然オンライン上で手続きを完了させられるサービスですので店舗の来店する必要はなく、さっとカードローンを作れます。在籍確認や面倒な電話でのやりとりも必要なく、契約書や利用明細書が自宅に郵送されてる心配も一切ありません。WEB完結申し込みを行った場合はカードが発行されませんのでATMからの借り入れはすぐにできませんが、三井住友銀行の口座を所持していれば振り込みキャッシングによって融資を口座に直接入金してもらえます。

金利は年率で4.8%から18%で最大の利用限度額は500万円までとなっていますので、十分な資金を確保することができるカードローンと言えるでしょう。カードローンの利用を希望している方の中には、在籍確認なしで簡単に契約が行えるサービスはとても需要が高いと言えますのでおすすめです。

本人確認のための書類も、所得を証明するための書類もスマートフォンやパソコン上からメールに添付したり、アプリを使って送付できますので郵送によって提出する手間をかけることなく借り入れができますので、さっとカードローンを利用できます。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ