> > > カードローンの審査に勤続年数は関係ありますか

カードローンの審査に勤続年数は関係ありますか

転職したばかりで勤続年数1ヶ月です。前職と間が空いていないので年収とか、勤続年数とか前職の情報で申し込もうかとも思ったのですが、そうすると在職確認された時にバレますよね?

そうなると、今の職場でカードローンの審査に申し込みをしないといけなくなるのですが、さすがに勤続年数1年では審査に通らないと思っています。WEB上でいろいろ見てみたのですが、審査の時に必要な勤続年数って電話確認しないみたいですね。それならウソをついて勤続年数を1年以上とかにしてもバレませんか?カードローンの審査に勤続年数はどのくらい関係ありますか?

勤続年数は審査にとって重要な情報

カードローンの申し込み条件には、たいてい「安定した収入がある方」が対象となっています。この安定した収入があるのかを判断する時に勤続年数が重要となります。勤続年数が長ければ長いほど収入は安定していると判断されます。逆に勤続年数が短いと「いつ辞めてもおかしくない」と判断されてしまって、安定した収入があるとは見てもらえません。そのため勤続年数は審査にとって重要な情報になります。

それなのに勤続年数にウソをついてしまうとどうなってしまうのか。会員規約にはウソがバレると会員資格を取り消すことが出来るようになっています。その上、そのカード会社は今後あなたを信用することは無いでしょうから契約は一切できなくなってしまいます。

では、どうやってウソがバレるのか。これは源泉徴収票には入社日や退社日が記入してあるので所得証明書を見ると分かりますし、健康保険証にも資格取得日があるのでいつ入社したのか分かります。

正直に記入して希望額を10万円など低くするなどして、今の状況で借りれるところを探しましょう。ウソの記入は信用を無くすので止めましょう。

【参考ページはこちら】
カードローンで借り入れできる上限を引き上げる方法ってある?

カードローンの審査において勤続年数はどれほど影響するのか

カードローンはお金の取引になるので、慎重に利用する事が求められます。金融機関にとっても利用者選びは非常に重要な事であるので、しっかりと審査をする必要が出てきます。この審査をゆるくすればするほどに悪質な利用者も増える事になります。悪質であればそれだけ会社にとって損害になるので、少しでも悪質な利用者を減らして優良な利用者を増やしたいところです。

では審査においてはどういった事を見られるのかというと、年収や勤続年数を見られます。年収は経済力を計る為であり、勤続年数は収入の安定性を計るためです。長く勤めているという事はそれだけ収入が安定しており、今後も安定し続ける可能性が高いという事です。もし勤続年数が一年程度であれば、急に仕事を解雇されたり自主退職してしまう可能性も出てきます。そうなれば借金の返済が出来なくなるので会社は損失を被る事になります。

そういう意味では勤続年数は非常に重要な審査項目であると言えます。これらのデータ以外で見られる項目としては、他社からの借入額です。既に他社で多額の借入をしている場合ではまず新たなカードローンの利用は出来ません。多額の借金があるという事は借金の完済の保証が無いということになります。既に多額の借金をしているのに新たな借金を返済出来る可能性は低いです。こういった利用者を出すという事は金融機関にとってはリスクがあるという事であるので、少しでも損失を被る可能性を下げる為にもこういった利用者は審査を通過させません。

利用希望者としては、しっかり返済する計画を立てているのにこういったステータスによって落とされてしまうのは悔やまれるので、利用希望者であれば最低2年は勤めてから申請する事が大切です。出来れば3年経過すれば確実です。その際に年収で落とされないように、しっかり働いて年収アップを目指したいところです。そして生活費の延滞も信用に関わってくるのでしっかり払っておく事が大切です。
(⇒カードローン利用と年収に関するオススメ記事はこちら

新着記事
カテゴリー
ページトップへ