> > > 銀行カードローンの在籍確認は消費者金融と違う?

銀行カードローンの在籍確認は消費者金融と違う?

借り入れ先を銀行カードローンにしようか消費者金融にしようか悩んでいます。銀行の方が金利が低いところが多いので銀行にしようかと思っているのですが、銀行カードローンの在籍確認は消費者金融と違うのですか?

消費者金融では勤務先にオペレーターの個人名で電話をかけるのですよね?消費者金融によっては在籍確認は電話ではなくて給料明細や源泉徴収票、社員証とかで済ませてくれるところもあると聞きます。では、銀行の在籍確認はどうなっていますか?同じようにオペレーターの個人名で電話をすることになりますか?会社にばれるような電話の仕方ではないですよね?探せば書類で済ませてくれるところもあるのですか?

銀行カードローンでは基本的には銀行名で電話する

在籍確認はお金を借りようと思ったら必須ですね。申込書に記入してある勤務先は正しいのかどうかを判断するということが目的なのですが、その手段は電話での確認が一般的ですね。記入してある勤務先へ電話をかけて「○○銀行ですが、○○さんはいらっしゃいますか」といった確認方法ですね。

消費者金融ではオペレーターの個人名でかけるところが一般的ですが、銀行では銀行名が一般的です。消費者金融が名乗ればお金を借りようとしていることがすぐに勤務先に分かり、中にはマイナスイメージを持たれることもあります。一方、銀行の場合ではカードローンだけでなく、住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなど多種多様なローンがあり、利用する人も多くそこまでマイナスイメージを持つ人はいません。そのため銀行名を名乗りますし、銀行名を名乗られてもマイナスイメージになる心配をする必要はないのです。

逆にあまり会社に電話がかかってこない部署に所属している場合では個人名で電話がかかってくると不信感を持たれることもあるでしょう。不信感を持たれると同僚に「個人的な電話には対応していません」と、取り次いでもらえないこともあるでしょう。そういった時には銀行名の方が電話を受けた同僚にも安心して取り次いでもらえますよね。

しかし、どうしても銀行名を名乗ることが気になるのなら申込み前に在籍確認で銀行名を名乗るのを止めてほしい、電話確認以外の方法はないのか、といった相談をしておくと安心ですね。

【参考ページはこちら】
カードローンの在籍確認、タイミングはいつ?

銀行カードローンの在籍確認は必ずあるのか

カードローンの審査の中で、重要になってくるのが在籍確認です。これは、申込みのときに記載した会社に実際に在籍しているのか、確認するためのもので会社あてに担当者から電話がかかってきて確かめることになります。この確認よって、勤務形態や年収、仕事内容、勤続年収など具体的に判断されるので、返済能力があるかどうかの重要な判断材料になります。

しかし、中には会社に電話があると上司や同僚などにばれたりしないか、心配な方も多くいますし実際知られたくない人の方が多いです。通常銀行カードローンの在籍確認では、担当者である個人名で電話がかかってくるようになっているので、カードローン会社の名前を出すことはありません。そのため、勤務先でも自分以外の人が出た場合でも、知られることはまずありません。

最近は、個人情報の保護にも配慮しているので安心して在籍確認の電話も受けられます。また、申込者が会議や外出などで出られない場合でも、そこに在籍されていることが証明されればそれで完了します。電話では、会社での仕事内容や年収などを聞くことはありません。

あくまで会社への在籍確認のための電話なので、もし他の人が出たとしても審査に通る可能性は高いです。会社によっては私用の電話は取り次がないところもありますが、その場合は携帯電話や自宅などにかかってきます。また、社員証などの提示を求められることもあります。自宅の場合でも、同じように担当者の名前でかかってくるので、他の家族に知られる心配はありません。(こちらもご参考に→親バレしない・電話確認なしのカードローンってある?

在籍確認は、審査の最後の確認になるので出られるようにしておきましょう。もし、確認がとれなかったときには、折角書類などの審査が通っていても落ちてしまう可能性があります。審査に確実に通るためにも、申し込んだ後は電話に出られるようにしておくと安心です。また、この在籍確認は後から利用限度額の増額を申請したときにも同じようにかかってきます。その時の審査もほぼ基本的に同じなので、増額したときも連絡が取れるようにしておきましょう。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ