> > > カードローンの在籍確認で嘘をつくことはできるか

カードローンの在籍確認で嘘をつくことはできるか

たまにカードローンの在籍確認などをする時、嘘をついてはいけないという話を聞きます。嘘をつくということ自体が信じられないと個人的には思うんですけれども、もし嘘をついたとしてもそれって見破られるんでしょうか。それとも嘘とわかるような行動をしない限りはカードローン側もわからないのでしょうか。嘘をつく理由もよくわかりませんが、嘘をついてそれが通るなら正直者が馬鹿を見るんじゃないですか?

カードローンの在籍確認で嘘をつく人はバレてしまう理由

カードローンの入力項目などで嘘を付いている人は正直なところ、少なくないようです。わかりやすい嘘をつく人もいれば、調べないとわからない嘘をつく人、そして調べてもわからないような嘘をつく人までいるというように言われています。ただ、まずほとんどの嘘についてはバレてしまうことになるというのは覚えておいた方がいい、と思います。

どうしてカードローンの業者は在籍確認時点での嘘などに敏感にわかるのか、というとそれは情報を集めることが仕事だからです。例えば年収を高めに言っているということも直ぐにバレてしまいます。会社ごとに平均的な給与や業界ごとの給与というのが分かりますし、中小企業なのに大企業並みに給料をもらっていれば怪しいと思われて、審査に通らなくなるでしょう。

もちろんそれ以外にも調べていることは多く、信用情報に載っていることも多いです。今まで使ってきた金額であるとか、借金に関してはほとんど乗っていますから、それについて嘘をついてしまうようであれば、まず通らなくなってしまうでしょう。嘘をついていることも情報と照らし合わせることでわかるのですから、必ず本当のことを言うようにしてください。

嘘をついて通る、という人もカードローンの口コミなどを見ていればいるのはわかると思います。これ自体は嘘ではない場合もありますが、嘘を付いている可能性もあります。在籍確認でもアリバイ会社なんかを使う嘘がありますが、これもバレてしまいがちです。今やインターネットで何でも調べられるのですから、正直に話をした方がいいと思いますよ。

【参考ページはこちら】
カードローンの在籍確認に関するオススメ記事

カードローンの在籍確認で嘘をついても意味がない

カードローンの在籍確認で嘘をついても意味がありません。なぜそのようなことがいえるのかというと、そうした嘘を見破ることができる審査方法を金融機関が採用しているからです。基本的に、カードローンを提供している金融機関は、融資の申請をしている消費者の情報を把握できる立場にあるということを忘れてはいけません。嘘をついても心証が悪くなるだけなのです。

そもそも、在籍確認は自宅や家族に対して電話をかけることではありません。本人が働いている会社に対して電話をすることを言う緒です。仮に、無職で架空の会社の名前を書いたとしてもそのような場所に連絡がいった場合には本人の在籍を確認できないわけですから、審査には落とされてしまいます。在籍確認は審査の段階で行われるものなのです。

加えて、カードローンの審査は提出された必要事項に則って行われますが、その情報に則って信用情報という債務者の情報を閲覧されることになります。全国に存在している金融機関は、消費者に返済能力の有無があるか否かを確認するために消費者の情報を共有することが許されているのです。この情報は、金融機関であるのならばどこの会社であってもすぐに見ることができます。

仮に、必要事項に会社を含めた嘘の情報を書いたとしても、既に別の金融機関からお金を借りているときにはその情報が信用情報に記載されていることになりますので、絶対に誤魔化すことはできません。カードローンの審査は、無人の契約機やインターネットなど、どの手段で申請をしていようとも必ず信用情報によって債務者の情報が調べられることになりますので、注意をしなくてはいけません。

このように、在籍確認だけに限らずどのような審査であっても金融機関は嘘を見破ることができる審査を導入していますので、お金を借りるときには真面目に審査を受けるように考えなくてはいけません。元々それほど厳しい審査ではありませんので、安心して申請をして良いのです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ