> > > 在職確認無しの、カードローンは何がメリットなの?

在職確認無しの、カードローンは何がメリットなの?

最近聞いた話によると流行っているらしいのが在職確認無しの、カードローンだというのを聞きました。私が知っている限りでは今までは金利が引き物とか審査が楽に通りやすいものなんかが人気だったと思うんですが、どうして最近になって在職確認無しの、カードローンというのがここまで人気なのでしょうか。正直個人的にはどうして人気なのかというその理由がイマイチわかりません。ちゃんとした理由があるのでしょうか?

ちゃんとした理由が在職確認無しの、カードローンにはある

在職確認無しのカードローンが人気というのはその通りです。最近になって非常に増えてきているのですがそれだけニーズがあるからこそ増えているわけです。で、じゃあこの人気の理由は一体なんですか?と言われると、それは単純に会社に電話をされたくないという人が多いという理由です。

おそらく質問されている方は別に会社に連絡をしてこられたとしても、なんとも思わないと言うタイプの方なんだと思いますが、実際には会社に電話をかけられるということを異常に嫌がると言う人もいるのです。例えばですが会社に電話があると上司に怒られるという人もいますし、私用に利用しているということで査定に響いたりするところもあります。

また会社の女性だったら情報が広まってしまって、変な噂を立てられてしまうという人もいるでしょう。そうなると会社に居づらくなるという人もいたりします。であれば、職場に連絡をしてくるような消費者金融や銀行系カードローンを使うのは嫌だ、というのもよく分かることだと思います。(こちらもご参考に→銀行系カードローンの特徴って何?

ですので基本的にはそういう人たちは、他の方法で借り入れをするための審査を行っていたりします。ちゃんと働いている人にしかわからないような給料明細や源泉徴収票などを利用すれば、それが代わりになるというわけです。非常に明快でわかりやすいために、利用されている人は少なくありません。

銀行系カードローンでも消費者金融でも、こういう確認の電話をしない業者が増えてきたということは、理由がちゃんと存在しているのです。

在職確認無しの、カードローンはあるのか?

普段の生活の中でも特別な出費が必要な事態は時々ありますね。結婚式、お葬式、出産祝い、その他、会社のお付き合い関係の飲み会など。ですから一時的に少額をすぐに借りられるカードローンはそのような状況での大きな助けとなります。ただ、心配なのがやはり審査のこと。自分はブラック情報はないはずだからカードは問題なく作れそう。しかしあの「会社に電話がかかってくる」こと自体が周囲に対して気まずいという方もいるのです。

カードローンの申し込みをすると、もちろん職場の連絡先を書かなければなりませんが、カード会社としてはその人が本当にその会社に勤めているのかということは重要です。ですからオペレーターから会社に電話を入れるのですが、これを在職確認といいます。連絡先として携帯電話しか書かない、などの状況だとその後の審査での心証が断然悪くなってしまいます。

具体的に在職確認の手順としてはこんな感じです。オペレーターが個人の名前を名乗って会社に本人を呼び出してもらう。そして名前や生年月日などの本人確認を簡単に行い、2~3分で電話は終了です。年収などを電話で聞かれるようなことはまずないので、周囲が気付かないことも多いですが、このような電話を受けた経験のある人にはわかってしまうかもしれません。

また、最近は個人情報保護法の関係で、大手企業や従業員の多い企業は個人名での呼び出しそのものを拒否されてしまい、在籍確認が取れないということもあります。そして、派遣社員などの場合は会社側が社員1人1人の名前をきちんと把握していないために呼び出しがうまくされない場合もあるようです。(こちらもご参考に→派遣社員でもカードローンの電話確認ってあるの?

上記のようなケースの方は在職確認無しの、カードローンを探したいところだと思いますが、ある程度大手の金融会社でも追加の書類を出すことによって在職確認の電話を免除してもらうこともできます。この書類とは、会社の発行する源泉徴収票や給与明細書などが一般的です。

【参考ページはこちら】
自分に合ったカードローン会社、どうやって探せばいい?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ