> > > カードローンの審査は会社にばれるか

カードローンの審査は会社にばれるか

お金が借りたいので、カードローンの審査を受けようと思ってるんですが、職場の人にばれるのが怖いです。審査を受けたら絶対にばれちゃいますか?

審査を受けたことは他の人にはばれません

消費者金融などの金融機関でお金を借入れする場合、必ず、周囲にばれないように配慮してくれます。在籍確認の電話も個人名でかけてきたりしますので職場にばれる可能性は低いでしょう。また、金融会社によっては在籍確認自体がなかったり、社員であると別の方法で証明できれば在籍確認免除をしてくれたりする場合もありますので、あまり気になるようでしたらそういうところで借入するのがいいでしょう。申込時にサポートセンターに相談しておくのも一つの手です。在籍確認を嫌がる人はとても多いのでサポートのほうでもしっかりとした回答を出してくれますし、柔軟な対応をしてくれる場合もあります。

はっきり言ってばれるような在籍確認をする会社は違法な闇金である可能性が高いです。いや、闇金だってさすがにばれるようなことはしないでしょう。ばれたら契約破棄されかねませんもんね。というのも、貸金業法には【契約者以外の第三者に契約内容を知られてはいけない】というのがあるからです。これは簡単にいうと、【契約者じゃない人に契約者がお金を借りたいって言ってることを知らせちゃいけませんよ】ということ。ですので消費者金融側も、在籍確認は慎重に行っているんですねb。

カードローンの審査において会社に電話がかかるのか

カードローンは使用しなかったとしても、一応持っておくだけでも緊急事態に上手く対応出来るので持っておく事がお勧めです。しかし、このカードローンはノーリスクで作れる訳ではありません。目立ったリスクは無いですが、厳密に言うと少しだけリスクがあります。

それは、一度カードローンを作ってしまうとそれ以上カードローンが作れなくなってしまったり、お金に関係する審査等で不利になる場合があります。カードローンを利用出来る状態にしておくだけで、1円も借りていないのに何故そういった場面で不利になるのか疑問に思うのが一般的です。金銭関係の取引に関しては、会社はとても慎重です。悪質な利用者は会社に損失をもたらすので、利用者は源泉して選ぶようにしています。競争率が高い場面で、いつでもお金を借りる事が出来る状態にしている人と、申し込んで審査を受けなければお金を借りる事が出来ない人がいれば、間違い無く後者の人間を選びます。

これはお金をいつでも借りる事が出来るということは、今後借金をする可能性があるということです。借金があれば必死に借金を返済しようとします。そうなれば会社への支払いが滞ったり返済を拒否したりする可能性も出てきます。そうなれば会社の損失になってしまうので、出来るだけそういった可能性が低い人物を選ぶようにしています。

この審査では、個人情報や経済力を示す年収等を見られる事になります。これらの項目に関しては信用情報に登録されているので、利用希望者が嘘を付いていたとしても調べ上げる事で嘘が発覚する事になります。嘘が発覚すれば勿論カード発行はありえません。嘘を付くような人物は社会的信用度が全く無いと判断されます。そんな人物にお金を借すのは会社にとっても自滅行為です。

勤務先に関しては、実際に勤務先に電話して確認しないとわかりません。嘘かどうかを判断する為にも、この在籍確認の電話は必須項目となっており、これを行っていない会社は存在しません。

【参考ページはこちら】
カードローンを利用する前には審査基準もチェック!

新着記事
カテゴリー
ページトップへ