> > > カードローンって書類審査の段階で在籍確認がありますか?

カードローンって書類審査の段階で在籍確認がありますか?

カードローンには書類審査や在籍確認というものはつきものだと思いますが、在籍確認というのは書類審査と同時に行われるのですか?その時に、会社にいないといけないのですか?

在籍確認は書類審査が通った人への最終確認として行います

今はカードローンの申し込みはネットでもできる時代なので、全部の会社に書類審査があるわけではないですよ。なので、ネットでの審査や書類審査をまとめて“本審査”としますね。(こちらもご参考に→カードローンの仮審査と本審査の違いとは

在籍確認とは、この本審査を無事に通過した人に対して行っています。審査内容の勤務先に間違いがないか等、最終確認のような感じです。ですから、本審査中に在籍確認をしないし、もちろん審査が通らなかった人への在籍確認もありません。本審査が終わったら文書やメールなどで、審査が通ったという通知が来るはずです。そして、その後在籍確認を行うという順番です。

また、在籍確認の時に会社にいなくてはいけないかに関してですが、いなくても大丈夫ですよ。いるならば、電話を代って2・3会話をして終了です。外回りに出ていたり、トイレや昼食などで席を外していることもあるでしょう。そんないない時でも、きっと電話に出た会社の同僚は「ただいま席を外しています」というように説明してくれると思います。

この時点で、あなたは会社にいるけど今近くにいない、ということを証明してくれているので、これはこれで在籍確認が取れたということになります。なので、改めてまた電話がかかってくるということは少ないみたいです。ということで、その時会社にいなくても大丈夫ですよ。

【参考ページはこちら】
カードローンの審査基準ってどうなってるの?

書類審査のみでカードローン申込みの在籍確認

カードローンの申込みでは、勤務先の在籍確認があります。これは、勤務先へ電話をかけて借入申込み者がその会社に在籍しているかの確認が行われます。電話されるのが嫌だからという理由でこの審査をパスすることはできません。会社確認を拒否をするのであれば、融資はできません。

ですが、カードローン申込み者の中には会社に電話されるのが困るという方もいます。単純に会社に電話されるのが嫌という理由ではなく、個人あての電話は一切繋がない会社であったり、法人の方を相手にしている企業で個人からかかってくることがほとんどない、同じフロアに大人数働いている職場でありコールセンターなどがそうですが、コールセンター勤務でそこに個人あてに電話がかかってくること事態おかしいような職場である、建設業で現場作業の仕事であり一人親方の会社であると会社の電話番号が親方の携帯電話のみである、以上のような理由であると在籍確認で電話は困る正当な理由になります。
(⇒在籍確認なしのカードローンってあるの?

カードローン会社によっては、電話での勤務先確認がなく書類審査のみで審査が通過する、融資をしてくれる会社もあります。働いていることを証明できる書類を提出することで勤務先確認としてくれます。例えば健康保険証です。国民健康保険証の方は確認書類になりませんが、社会保険、共済保険、組合保険の方はこれらを提出することで、会社か発行される書類になりますので勤務先確認となります。

その他には収入証明書です。源泉徴収票や給与明細書の提出になります。自営業の方だと確定申告書や営業許可証、代理店契約書、受注書、発注書、報酬明細書、請求書、領収書などが事業を疎明する書類になります。以上のような書類を提出することで、電話で勤務先確認をしない代わりに書類にて勤務先確認をしたこととしてくれます。そのためカードローンを申込みをしたいけれど、会社に電話をされるのがどうしても困る方にとっては、非常に助かるローンになります。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ