> > > カードローンの審査で在籍確認を避ける方法はありますか

カードローンの審査で在籍確認を避ける方法はありますか

カードローンを申し込むと、必ず職場に在籍確認がありますよね。審査上必要だとはわかっているのですが、できれば職場に電話をかけてほしくないんです。在籍確認を避ける方法ってありますか?

在籍確認は必須です

借金の申し込みにおいて、在籍確認は必須です。無職の人が偽って有職と申告していたり、職場を偽られていたら信用度が変わってくるし、貸すか貸さないかの重要な要件が職に就いているかどうかですから、必ず確認をします。
(⇒無職の人でもカードローンを利用することはできるの?

職場に電話して「○○(申込人)はいらっしゃいますか?」と聞き、「あいにく席を外しております」でも「ただいま外出しております」でも、とにかく本人がその会社に勤めていることを確認できればOK。もちろん、電話をかけたときに消費者金融などとわからないように、個人の名前でかけることがほとんどです。

とはいえ、どうしても電話をかけてもらいたくないひともいます。めったに電話がかかってこない人や部署だったり、出向しているとか、派遣でいつも職場が変わるとか、いろんな理由があるでしょう。

申し込みの際にオペレーターに相談すれば、場合によっては在籍確認の電話をしない方法を支持してくれることもあるようです。給与明細や健康保険証など、会社に在籍していることを証明できる書類を提出するなどの方法取ることが多いようです。当然ですが、融資が下りるまでの時間が電話で確認する場合よりかかりますし、限度額を減額されることもあるようです。

【参考ページはこちら】
在籍確認なしでカードローン審査可決は難しい?

カードローン審査で在籍確認避ける方法とは

カードローン審査の一つの項目として在籍確認が行われることがあります。全ての場合に行われるのではありませんが、会社に電話がかかってくると、お金を借りていることが会社に知られてしまう可能性もあります。借金をすることは悪いことではありませんが、日本ではあまり良いものとされないことが多いですから、会社には知られたくないと感じる人も多いでしょう。では、在籍確認避ける方法はあるのでしょうか。

まず、在籍確認は全ての人に対して行われるわけではないという点に注意しておきましょう。「勤務先に電話にて確認させていただくことがあります」と書かれていることが多いですから、全ての場合に電話がかかってくるわけではないのです。では、どのような場合に電話がかかってくるのでしょうか。
(⇒在籍確認があるのはどんなカードローン?

まず、借りる金額が大きくなると在籍確認の行われる可能性は高くなります。金額が高くなれば金融機関側のリスクも大きくなりますから、慎重にならざるをえません。そのために、在籍確認は行われる事が多いです。例えば、数百万円くらいの資金を借りようと思ったときには、たいていは審査の過程で在籍確認が行われます。ですから、借りる金額を小さくすれば在籍確認を避けられる可能性は高くなります。

次に、確認が必要ないような方法をとるのも良い方法です。具体的には、本人確認書類として社会保険の保険証を提示するのが良いです。会社で働いていれば社会保険に加入していて、そのための保険証が発行されます。この保健省は会社を辞めるときに返さなければなりませんから、それを持っていると言うだけで会社で働いていることを証明できるのです。

もう一つ注意しなければならないのは怪しまれないようにすることです。金融機関が信用してくれれば確認する必要はないのです。何らかの理由で怪しい行動をとったり、書類に記載されている内容が不正確であったりすると、本当に働いているのかどうかを確認しようと考えるのは当然のことでしょう。ですから、怪しまれないようにきちんと申し込みをするのが良いのです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ