> > > カードローン審査は借りやすい人、借りにくい人何が違う

カードローン審査は借りやすい人、借りにくい人何が違う

銀行で融資を申し込みましたが、結果的に通りませんでした。労力を使った割には通らなくて困っています。カードローンは、銀行の融資に比べ、審査も通りやすく借りやすいと聞きましたがほんとうに借りやすいのでしょうか?

銀行の融資と比べて必要書類や銀行に行く回数も少なくてすみます

銀行で融資を受けようと思うと、何度も銀行に足を運んで、必要書類も役所から手に入れたり、なのより保証人や担保が必要ですよね。審査が通って借りることだけを考えたら、カードローンは保証人や担保も不要な場合や、ネットで申し込んで銀行に行かずに契約できたり、借入金額によって必要書類も少なくて済みます。カードローンが簡単に申込みでき、審査も銀行融資に比べ借入金額にもよりますが、通りやすいのでしょう。

カードローンの審査は、申込者の職業、勤続年数など職歴、年収など見て安心して貸すことができるか見極められ、そして過去や現在の借入状況履歴、返済の仕方で遅延はないかなど見られます。審査は、本審査の前に仮審査があり、会社にやっては、仮審査は数秒で教えてくれるところもあるので、まずはそこが通るか見てみるのもいいでね。

でも銀行の融資の申し込みをしたのであれば、金額は大きいのでしょうか。カードローンも限度額が、大きく借りられる所もあります。そして金利も借入額が大きい程、低くなりますね。金利で比較すれば、銀行の融資の方が金利が低いこともありますが。銀行に限ったことではありませんが、消費者金融系のカードローン会社でもいろいろキャンペーンをしていて30日とかで無利息などをうたっているところもあります。

返済も銀行が空いてない時間でも、コンビニが利用できますし、申込みは簡単ですがその後の利用にもコンビニやネットの利用で便利になってます。

カードローン審査で借りやすい業者が気になるなら

カードローン審査で借りやすい業者が気になるなら、無料の一括診断サイトなど便利なサービスを利用してみるとよいです。審査を通るかどうかは、業者によって違ってきます。業者の持っている基準を外から知るのは難しいです。

現在は返済が滞りなく出来ているけれど、過去に返済が遅れたり、公共料金の支払いが滞ったりしたことが大きなマイナスになるところもあります。その一方で、自己破産経験者は大丈夫だったりする業者もあります。

借りやすい業者を見つけるためには、自分の場合にはどうなのかが重要なポイントになります。カードローン審査は試してみないと分からない部分がありますので、事前に診断サイトなどを利用して自分の場合についてどうなるのかを確認してみるとよいです。どこが借りやすい、とは一概にいえません。主婦の場合には銀行のカードローンのほうが通りやすくなったり、仕事を持っているけれど勤続年数が短くて審査に通らないことがあるなど、人それぞれです。

カードローン審査には業者により違いがありますが、共通している部分もあります。それは複数の業者にいっぺんに申込みをしないほうが良いということです。複数の業者に申込みをすることで、今すぐお金が必要で困窮しているのではないか、と、思われてしまいます。(こちらもご参考に→何社も申込みをしているとカードローンブラックになる?

印象が良くないことですし、信用にも関わってきます。申込みをするのであれば、一箇所ずつ試してみたほうが安心です。審査が通るのであれば、条件のよいカードローンのほうが利用しやすいです。試してみないと分からないことですから、申込みをしてみたほうが良いです。

ただし、審査が通らなかったときには、次の申込みをするまでに期間をあけましょう。一定の期間をあけてから審査を申し込まないと、審査を通らなかった記録が残っているので、それを見られて判断されてしまうことがあります。カードローン審査について解説しているサイトをチェックすれば、自分が借りやすい業者についての情報を集めることもできます。

【参考ページはこちら】
カードローンの審査基準ってどうなってるの?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ