> > > みずほ銀行カードローン審査基準を教えてください

みずほ銀行カードローン審査基準を教えてください

社会人になってそろそろ1年になります。まだまだお金をためる余裕はなく、預金ゼロです。なので、突発的な出費に備えてローンカードを持っておいたほうがいいと思っています。給与振込みのために、みずほ銀行に普通口座をつくったので、同じみずほ銀行のカードローンに申込むつもりです。

利用限度額をいくらで申込もうか悩んでいるのですが、知人にそれを話すと、「そんなこと悩む必要ない。もしローン審査で申込んだ利用限度額が高すぎると判断されても、減額して契約できるはずだから、高めに申込んでおけば問題ない」といわれました。たしかにそうかもしれませんが、僕は、その減額されるというのが嫌なのです。

気にしすぎかもしれませんが、もし減額されれば、「分不相応な限度額で申込みやがって!」とか思われているように感じて落ち込んでしまいそうです。実際にはそんなこと思われるわけではないのでしょうが、それでもです。減額じゃなくて、審査に落とされることだってあるかもしれません。自分を否定されるようで嫌なんです。ぜひ、一発ですんなりとローン審査を通過したいんです。

審査基準がわかれば、それにあわせて、申込む利用限度額を決めたいと思っています。そうすれば、すんなりと審査にとおるのではないかと。みずほ銀行カードローンの審査基準について教えてください。

みずほ銀行カードローン審査基準は非公開ですが一般的なものです

みずほ銀行にしろ、他の金融機関にしろ、カードローンの審査基準を明確に示すことは、残念ながらありません。ですが、審査で重視されるポイントは、どこのカードローン審査でも同じで、いわば一般的なものです。最も重視されるポイントは、年収、収入の安定性、債務状況の3つです。

まず、年収についてです。消費者金融や信販系のカードローンには、改正貸金業法の総量規制が適用され、年収の3分の1を超える貸出が制限されています。これは、消費者金融にからむ多重債務が社会的に問題視されていたときにできた法律です。
(⇒カードローンと年収に関する記事はこちら

みずほ銀行の場合、適用されるのは銀行法なので、改正貸金業法の総量規制は関係ないのですが、それでも申込む利用限度額が年収の3分の1を超えていれば、審査に通らなかったり減額される可能性も高くなるとみたほうが良いです。審査にすんなり通りたいという場合は、年収の3分の1より充分低い利用限度額で申込むのをおすすめします。非常に小さい利用限度額ですんなりと契約しておいて、あとで増額していくという手もあります。

次に収入の安定性です。収入の安定性は勤務先の信用度と勤務年数などから判断されますが、勤務年数が1年未満の場合、審査に通らない可能性が高くなります。社会人になってそろそろ1年ということですが、急いでいないのであれば、ぜひ、1年たってから申込むことをおすすめします。勤務先の信用度については、なにも一部上場の有名企業でなければダメということではありません。すぐに倒産しそうな会社などでなければOKです。(こちらもご参考にどうぞ→カードローンを利用しやすい職業って決まってるの?

債務状況については、他の金融機関からの借入がなければOKです。ただし、現在借入がなくても、過去に金融事故などを起こしていれば問題になります。金融事故とは、自己破産や借金返済の遅延を何度も何度も繰り返した場合で、いわゆるブラックリストに載っているケースです。

他社からの借入があれば即ダメということではありません。もし、他社からの借入があっても、その借入分もしくはその借入カードの利用限度額分だけ、申込む利用限度額から差し引いておけば、審査にすんなりと通る可能性は高くなります。

みずほ銀行カードローン審査基準とはどんなもの?

給料日前でお財布の中がピンチという時に限ってお金が必要になってきますが、最近の長引く不景気の影響で給料も思うように伸びず貯金をするどころか切り崩して生活している人も多いです。急な出費が必要になった場合知り合いなどから融通をしてもらうのは気が引けるという人は、消費者金融機関のような会社でお金を借りるというのが一般的でした。

消費者金融会社は金利が高いものの審査が比較的簡単でスムーズということもあり、急な出費の際には最後の手段として利用している人が多いです。
しかし最近では大手とし銀行の中でも比較的審査基準を緩和し多くの人が借りられ、しかも金利は低めに設定されているので消費者金融会社のように金利の高さに悩むことはありません。

また一番重要な審査の時間ですが、最近の銀行カードローンは審査にかかる時間も大変短くなり、多くのローンは条件さえ整えば最短即日でお金を借りることが出来ます。大手都市銀行でもカードローンを行っていますが、みずほ銀行では実際に口座を持っている人で既にみずほダイレクトというインターネットバンキングが出来る口座を開設済みの人や、みずほ銀行に既に口座を開設済みで通帳を手元に用意出来る人は書類提出の必要がないという簡単さです。

みずほ銀行カードローン審査基準には、安定した収入がある人であればお金を借りることが出来ますが、過去に他社よりお金を借りて返済が滞るなどの過去があり、信用情報機関による与信情報に問題がある場合や、現在他社からの借り入れが年収の1/3以上ある人は審査を通過しません。これはみずほ銀行カードローン審査基準が特に厳しいというわけではなく、比較的審査の緩やかな消費者金融機関でも同じです。

全ての申し込みや必要書類の提出など、全ての手続きが手続きがインターネットを通じ24時間いつでも行うことが出来る上に、金利は低めに設定されていますので計画的に利用することで万が一の時に役に立つカードローンです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ