> > > 銀行系カードローンは、審査ゆるい?

銀行系カードローンは、審査ゆるい?

カードローンの審査について質問です。銀行のカードローンは審査が厳しいと聞いたのですが、これは銀行によって違ってくるものなんでしょうか?例えば地方銀行だと審査が通りやすくて、大手の都市銀行だと審査が通りにくいなど。それによるメリットやデメリットなどもあるのでしょうか。

不明ですが、差はほぼ無いと予想します

銀行にも都市銀行、地方銀行、第二地方銀行など幾つか種類があります。一般的に都市銀行は全国的に支店を展開している大きな規模の銀行を指し、地方銀行、第二地方銀行は地方に本店を構えて地域に根付いた活動をしている銀行です。地方銀行、第二地方銀行は所属している協会が違うだけで、同じ種類のものとお考えください。(こちらもご参考に→地方銀行のカードローンを利用するメリットとは

肝心の審査の通りやすさですが、残念ながら審査内容や規定のラインなどは公表されておりませんので、正直なところ不明です。ですが審査が通った、通らかったという意見を総合すると、銀行の間では審査の通りやすい、通りにくいの差はないようです。

これは全ての銀行で規模が違うけれど、社会的な信用やシステムの信頼性が同等だからと言えるでしょう。都市銀行も地方銀行も全て株式会社ではありますが、国から営業許可をもらって営業している以上、そこに審査の差はあまりないということなのかも知れません。

ただ、資金繰りなどの融資においてはその限りではありません。例えば地方の活性化を目指した企業やお店を立ち上げたいという目的での融資なら、特に地方銀行は力になってくれる可能性が高いことは容易に想像できますね。もちろん企業側の熱意や各銀行の店長や責任者、銀行の営業方針などでも大きく変わってくるでしょう。

情報がないからこそ、常に信頼されるように過ごすことが大切です。カードローンも、その他の融資も本質は同じ。この人になら安心してお金を貸せる。確実に返済してくれる。そう信頼しているからこそ、銀行はお金を貸すのですから。

銀行のカードローンは審査ゆるいので利用がしやすい

カードローンを利用している人は多いです。日本では5人に1人の割合で利用をしている人がいます。上司から飲み会に誘われたり、海外旅行の代金が欲しい人や恋人のプレゼントが欲しい人などお金の問題を抱えている人が多いのです。企業と正式な契約をすることによって、金銭のやりとりを行うカードローンは安心して、利用ができるのもメリットの一つです。将来のリスクに備えて、財布の中にカードを一枚はもっておきたいところです。

しかし、はじめて利用をする人は不安をもっている人も多いです。不安を解消するためには、実際に利用をしたり知識を身につけると良いでしょう。カードローンと一口にいっても、銀行、消費者金融系、信販系といおおくの種類があります。銀行は、金利が低く、借入金額が大きいことでも有名です。資金力が豊富なので、借入金額がおおく設定されることがあるのです。希望する金額が大きいひとは、銀行で申込みを行うのもいいでしょう。

申込みの方法は、窓口やインターネットが主流です。特にインターネットではスマートフォンを利用すれば、いつでもどこでも新規申込みをすることができます。利用者によって、返済能力が異なりますし、企業によっても審査の基準やスピードは違います。利用をする企業によっては、審査ゆるいと感じることもあるはずです。特に他社からの借入を行っていない人は、審査に通過しやすいです。昔は、銀行もカードローンを利用するときには審査に時間がかかっていました。最近では、即日審査や融資を行っているところもあります。

緊急でおおくの資金が必要な人は、即日融資を行っている審査ゆるいと評判の銀行を利用すると良いでしょう。既に利用をしたことがあるひとのレビューを参照するといいです。どのくらいの時間で審査が終わるのか、利用者の年収や職業はどれくらいかを参考にするといいでしょう。カードローンは、案外すぐに利用をすることができるので利便性が高いです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ