> > > カードローンに通りやすい人、通りにくい人の違いは

カードローンに通りやすい人、通りにくい人の違いは

カードローンを行ううえでの最初の関門であり、一番重要なことは審査です。カードローンは担保や保証人がいらず誰にも知られずに借りれるという性質上借主本人の信用だけが返済してもらえるという保障といっても過言ではありません。なので、カードローンの審査に通るためには、信用が大切になります。

初めてカードローンに申し込みをする際にはこの信用がいわば0の状態です。悪くはないですが、借りた経験がないので、良い借主なのか、悪い借主なのか、カード会社は判断できません。なので、支払能力の証明となる年収を知るために給与明細書、会社に勤めていて尚且つ長く働いていればそれだけ辞める可能性も少なく勤務会社からの信用もあるという証明に勤続年数が貸すか貸さないかの判断基準になります。返済能力と経済的信用を証明することが、初めて借りる場合にはもっとも重要になります。

では、何度か借りた経験がある人はどうでしょうか?同じカード会社に何度も借りる場合も、他のカード会社に借りる場合もこれにあたります。一度でもカード会社にお金を樺ありたことがある場合、借りていた時の返済態度が判断基準になります。それは、返済期日に遅れたことがあるかないかです。これは信用との証明になります。約束を破る人か破らない人かというのと同じです。

友達と約束してその約束に遅刻したり、行かなかったりすれば信用がなくなります。仕事であれば、取引先との約束の時間に遅れた場合仕事内容がいくら良いものでも、契約が成立することが無いように日常生活でも期限や時間は大切です。

遅延をしたことがあったり、遅延をしたことがあり遅延損害金を払った経験があったり、夜逃げをしたりなどしていると、審査には通らないと考えればよいと思います。

【参考ページはこちら】
カードローンを利用しやすい職業ってあるの?

カードローン通りやすい人の一定の条件は?

カードローン通りやすい人とそうでない人には一定の条件があります。誰でもカードローンの審査に通るわけではなく、カードローン会社の審査基準に満たない人は融資を受けることが出来ないわけです。カードローンの審査基準は多くの会社で似たり寄ったりで、一つ目の会社で審査に通らなかった人は二つ目以降の会社でも通らないケースが多いです。

それではカードローンの審査が通りやすい条件とは一体どういうも条件なのでしょうか?一つ目に借入金の金額が挙げられます2010年6月から総量規制が実施されるようになりました。総量規制とは年収の3分の1までしか貸付が出来ない法律で、収入が200万円、1,000万円のいずれの人でも年収の3分1までしか貸金業者は貸付してはならないと定められています。そのため限られた貸付枠を貸金業者が競って獲得に走るわけです。カードローンの世界でも取ったもの勝ちというわけですね。

もう一つカードローンの審査で重要視されるのが勤続年数です。借入金の少なさが審査の通りやすさに影響していることは先に述べましたが、今でも属性は審査の重要事項となっていることは間違いありません。属性とは借りる人の与信を判断するうえで重要なポイントで、年収や家族構成などから返済能力を、勤務先の会社規模や勤続年数から清算能力を判断するわけです。

これらの中で最も大事なのが勤続年数です。それは勤続年数が長ければ長いほど会社をすぐに退職する可能性は低く、仮に退職したとしても退職金によって返済が見込めると判断できるからです。(こちらもご参考に→退職とカードローン利用の関係について知りたい方はこちらへ

その他の判断基準として年齢が若い人、公務員、持ち家がある人、固定電話や携帯電話を持っている人なども審査の判断基準とされます。若ければ返済できる年数が長くなります。公務員は安定した収入があり退職金もかなりの金額が見込めます。持ち家を処分すれば返済原資となります。電話を持っている人は安定した生活を送っている証拠です。職業や生活状況で判断されるのはいやかもしれませんが、それがカードローン審査の実態なのです。
(⇒カードローンの審査基準についてもっと詳しく!

新着記事
カテゴリー
ページトップへ