> > > カードローンの審査に絶対通る秘訣は?落ちたら信用がまずいかな

カードローンの審査に絶対通る秘訣は?落ちたら信用がまずいかな

金融機関でお金のやりとりをするのって、基本は個人の信用ですよね。信用できるからこそ金融機関がお金を貸してくれて、その信用を損ねないように返済して…という感覚です。最初の信用は職業や年収、要は返済能力があるかどうか、になるんですかね。自分が公務員なのでそういう面を妙に過剰に見てしまっているかもしれませんが、でも間違っているとは思いません。どんな仕事も信用が大事ですし。

最近、カードローンの契約を考えています。自分の手持ちのお金だけではどうしても厳しい時があるので、その時に限って利用する予定です。公務員でもそれほど給料が高いわけではないので、どうしてもお金が足りない時って出て来るんですよね…もっと節約できればいいんですが。借りる先は大体目星をつけています。銀行系が第一候補ですが、場合によっては消費者金融系でもいいかなと思っています。

カードローンの審査に落ちると信用に傷がつくことはありませんか?実はそこが一番の不安なんです。仕事柄、やはり信用に傷がつくのはよくありませんし、職場に知られるのも困ります。カードローンの審査に絶対に通る秘訣のようなものはありませんか?過去に借金歴はなく、今回の希望額も最低額です。どうしても審査に落ちるわけにはいかないので、ぜひ秘訣を教えて下さい!

秘訣は案外基本的なことです。信用は絶対大事!

個人の信用は社会的にどんな局面でも必要ですが、それにしても金融機関だと何よりも大事にされるというのが事実ですね。おっしゃる通り、信用を損ねないように、というのが大原則です。でもこの信用、ちょっと気を抜くとすぐ崩れてしまうものだというのも怖いものです。私も仕事柄、カードローンを利用することが多いのですが、貸し借りの管理だけはしっかりやらないと、といつも肝に銘じています。

手持ちのお金が足りない時にカードローンを利用するのは良いことです。日常的に使うことももちろん良いのですが、普段はそれほど必要としないのなら、緊急の時の保険として契約しておくのも安心ですね。カードローンの商品はたくさんありますので、自分に合うものをじっくり選んで申し込んでいきましょう。

さて、申し込みと言うとやはり審査がつきものです。カードローンの審査というのはやはり、申し込みの時点で「どれくらい申込者を信用できるか」という部分に重点が置かれます。ここでもやはり信用は大事だと言うことがよく分かりますね。しかしこの時、過去にお金関係で何か問題を起こしていなければ審査に落ちることはまずありません。
(⇒カードローン審査に落ちる基準のようなものはある?

例外として、「複数の会社に同時にカードローンの申し込みをしてしまった場合」があります。これは過去にどんなにクリーンなクレジットヒストリーであったとしても、「急に大金が必要になったのでは?」と怪しまれて申し込みを蹴られてしまいます。信用情報にも「審査に落ちた」という事が半年ほど記録されますので、申し込みは一社ずつにしておきましょう。

あと気をつけておきたいのは、申込書の書き間違いです。初歩の初歩なのですが、これが案外皆さんやらかしてしまうようなんです。審査に落ちた原因を追及していくと、この書き間違いが非常に多く見られています。金融機関側としては「間違った個人情報を送られてきた」わけですから、審査に通すわけにはいきませんよね。

この二つの理由は事前に気をつけることで簡単に回避することができます。申し込みの前にはしっかり確認して、ミスのない申込書を本命の会社に送ること。これが秘訣と言えば秘訣なのでしょうね。

カードローンの審査に絶対通る為の条件とは

カードローンを利用する時というのは、少し高額の物を購入する際と家や車等の高額な物を購入する時があります。少額の借り入れ限度額である場合に、大きな物を購入する場合には他のカードローンを利用する事になります。そういった時に誰もが危惧する事が、審査に通るかどうかという事です。

審査に通らなければカードローンを利用する事は出来ません。この審査に一度落ちてしまうと、連続して審査を受ける事が出来なくなります。出来なくなる機関としては半年間です。この期間中は原則再審査は認められない事になっています。

これは金融機関によって誤差があるので、長い場合では一年近く再審査をしてもらえない場合もあります。つまり、後々困らない様にこの審査には絶対通る必要があります。

ではどうすれば審査に絶対通る事が出来るのかというと、ひたすら自分の経歴や実績を充実させていくことです。審査で見られる項目は年収や勤続年数などです。つまりこれらの項目を充実させる事によって審査に通る事が可能になります。

では絶対通る内容とは一体どれほど充実した内容であるのかというと、まず年収は300万円以上です。年収200万円の場合でも通る可能性はありますが、300万あれば安心と言えます。

次に勤続年数です。これは最低でも1年以上は望まれており、絶対通るのは3年以上です。しかし、高齢であるにもかかわらず1年程度の勤続年数であった場合には、審査に通らない場合もあります。高齢であればある程に安定した仕事に就く必要があるにもかかわらず、転職しているという事はマイナスイメージに繋がります。

そして一番重要な事としては、過去に延滞や支払い拒否等の金銭トラブルを起こしていないという事が絶対条件になります。過去にこういったトラブルを起こしている人は、統計上はトラブルを何度も繰り返す傾向にあります。金銭トラブルが起きそうな人にお金を貸す業者はいないので注意が必要です。

【参考ページはこちら】
カードローンの審査基準ってどうなってるの?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ