> > > 銀行のカードローンで審査が緩い所は?在籍確認無しだと嬉しい

銀行のカードローンで審査が緩い所は?在籍確認無しだと嬉しい

社会人になって初めてのカードローンは消費者金融系でした。何だかんだでいまだに使ってます。色々ダーティな噂もありますけど、ちゃんと借りて返していれば何の問題もありませんよね。実際、自分は返済に遅れたこともなければ、催促されたこともありません。給料が出たら速攻返してしまうのが癖になっているのも多分返済に遅れないコツかも?

そんなこんなでカードローンには全然困ってないんですけど、この間、友人が銀行系のカードローンの契約をしてました。それまで消費者金融系を使っていた友人なので驚きましたが、何より金利が安くて便利と言っていたので自分も気になり始めています。銀行系の強みって、やっぱり金利の低さだと思うんですよね。消費者金融系の金利はちょっと高いけど、そこは使いやすさの手数料みたいなものだと割り切ってます。

自分も銀行系のカードローンに申し込んでみたくなりました。でもやっぱり、銀行系と言うと…審査が面倒、っていう噂がありますよね…。特に在籍確認されるのがちょっと嫌です。会社の人に知られたくないし。この在籍確認って、何とか無しにすることってできませんか?それさえなければ本当に銀行系ってお得で使いたいんですよね…。

審査は差がありません!在籍確認は相談次第!

今の時代、初めてのカードローンが消費者金融というのも珍しくなくなっているようですね。昔と比べてクリーンなイメージが浸透してきたことと、業界の自浄作用がうまくいっているからではないかと思われます。昔はやはり何となく敬遠されるイメージがあったのも確かですが、今はもうそんなこともないでしょう。トラブルがあれば損をするのは消費者金融側ですし、できるだけ穏やかにやっていきたいのが本音かと思います。

さて、銀行系のカードローンを申し込んでみたいとのことですが、過去に大きな金融事故がなければ問題ないでしょう。特に消費者金融系を長く使っていたのでしたら、借り入れや返済についても慣れていると思いますし、今更不安なこともないと思います。利息に関しても銀行系の方がお得であることは確かですね。

銀行の審査は面倒、とよく言われますが、実際はそうでもありません。審査内容は消費者金融と変わりませんし、最初に提出する書類もほぼ同じです。それでも面倒と言われてしまうのは、おそらく消費者金融に比べて審査に時間がかかるからでしょう。消費者金融だと即日融資が可能なほどスピーディな審査が可能ですが、銀行系だとそうもいかないことがほとんどです。その点が「面倒」と思われるのでしょう。

在籍確認だけはどうにもなりません。その会社で本当に働いているかどうかの重要なチェックポイントですので、これを省略するわけにはいかないんです。しかし同じように確認を嫌がる人も多いので、銀行側も細かく気を遣うようになっています。まず電話で銀行の名前を言うことはなく、個人名で電話をかけています。これなら職場の人が電話に出ても金融機関とは分かりませんよね。

それでもどうしても電話が嫌、という場合は、事前に交渉してみるのも良いかもしれません。場合によっては社員証などの提出で在籍確認の代わりとしてくれることもあります。全ての銀行がそうではありませんが、職場に電話をされてはどうしても困るという事情があるのなら、駄目で元々という気分で相談してみると良いかもしれませんね。
(⇒在籍確認なしで借り入れできるカードローンはある?

【参考ページはこちら】
カードローンの審査基準についてもっと詳しく!

銀行系カードローンの審査基準の緩い特徴とは

カードローンのサービスの中でも、銀行系のものには数多くの利点があります。このサービスは返済による負担を低くして融資を受ける事が出来るという特徴があるのです。一般的には、この金融機関が提供するサービスは、審査基準が厳しくなる事もあり、申し込みに躊躇される方もいらっしゃいますが、サービスの中には基準が緩いものもあり、非常に利用しやすく、信頼性の高いサービスとなっています。

このカードローンの審査基準は、利用者には把握する事が困難になるという現状がありますが、基本的な審査基準は各金融機関で採用されている共通したものです。そのため、予め基本的な項目を把握しておけば、より査定を通過しやすくなります。

審査で重視される共通した項目とは、年齢や職業だけではなく、勤務先の状況、家族構成なども確認事項となっているのです。その中でも、年収や勤務先が重視され、勤続年数に関しては三年以上の期間が必要になります。また、年収は数百万円単位の一定の水準となっており、これらの基本的な項目が参照され、融資が提供されるのです。(こちらもご参考に→カードローン利用と年収に関するオススメ記事)このサービスの査定基準が緩和されているという事は、これらの水準に多少満たない部分があっても、借入れが出来るようになっているということなのです。

そのため、安定した収入を得ている方であれば、このサービスの審査には通過できます。これは申込者の属性に応じた融資限度額が設定されることになりますが、カードローンのサービスで融資を受ける事は十分に可能なのます。その中でも、比較的査定の基準が緩和されたサービスを提供しているのが銀行系の消費者金融で、この業態のサービスは親会社が大手金融機関となっていることから、信頼感が高く、他の融資条件の良い銀行系のサービスの利点を享受出来るというポイントがあります。

また、銀行系の消費者金融の場合は、提携しているATMの数が非常に多く、手数料などが必要なく利用できることもあり、サービスの面においても利便性が高いというメリットがあります。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ