> > > お金を借りたいけどカードローンの審査ゆるいのはどこでしょう?

お金を借りたいけどカードローンの審査ゆるいのはどこでしょう?

お金がないのでお金を借りたいです!いろいろと検討しましたが、カードローンを利用しようと思っています。カードローンには審査があると聞きましたが、この審査ゆるいのはどこのカードローンでしょうか?

初めてお金を借りるのでできるだけ審査のゆるいところで借りようと思っています。実は以前にもカードローンに申し込んだことがありましたが、その時はアルバイトをしていて審査に通りませんでした。今は正社員として働いているので審査には通るとは思いますが、できれば確実に審査に通りたいので審査がゆるいところを教えてください。

どこに「ゆるさ」を求めるかで申し込むところは変わってくるよ!

まず、審査がゆるくて確実に借りれるところとなると、カードローンの中でも銀行系のカードローンではなく、消費者金融や信販会社のカードローンの審査がゆるいね!お金を借りることを最優先で考えると、銀行のカードローンに申し込むよりも消費者金融業者や信販会社のカードローンに少なめの金額で申し込むってのが一番良いだろうね。

審査そのもののゆるさでなく、金額によっては銀行のカードローンのほうが緩い場合もあるよ。それは、借り入れたい金額が年収の三分の一を超える時だ。消費者金融業者や信販会社では利用者に貸せる金額の上限が年収の三分の一までと決まっている。これに対して銀行のカードローンには年収の三分の一という上限がないんだよ。つまり、年収の三分の一を超える金額を借り入れようと思うのであれば、銀行でしか審査は通らない。(こちらもご参考に→総量規制に甘いカードローンってあるの?

でもやっぱり、銀行のカードローンの審査は消費者金融よりも厳しいんだ。だから、そこまで大きな金額が必要ないのであれば、順番としてはまず少し大きめの金額で銀行のカードローンに申し込む、そして審査に通らなかったら少し金額を下げて消費者金融や信販会社のカードローンに申し込む、これが一番良い方法だろうね。

注意しなければならないのは、申込みをやたらいろいろなところにしてしまわないということだろうね。いくつものカードローンに同時に申し込んでしまうと、カードローン会社が警戒して審査に通してくれなくなる。この状態になってしまうとほぼ間違いなく借りることはできなくなるので、もし、複数のところにどうしても申し込みたいのであれば、審査結果が出てからほかのところに申し込んだほうが間違いないだろうね。

何よりも大切なのは申込みの時の情報をできるだけ正確に記入すること。そして求められた書類は確実に揃えて申し込みをすることだね。意外とここを疎かにしてしまうことも良くある。内容に不備がある申込みでは審査をしてもらえたとしても審査には時間がかかることは間違いない。できるだけスムーズな審査を望むのであれば、申込書の正確な記入はとても大事なんだよ!

【参考ページはこちら】
カードローンの審査基準ってどうなってるの?

審査ゆるいのは、どこのカードローンなのか

人が生きていくために必要であるもののひとつにお金があります。ないよりはあったほうがずっといいので、誰もがそれを得たいと思い、働きます。働けばその分、給与として手に入るので、できるだけ働こうと努力していきます。しかし、人によってはリストラされたり、病気になったり、怪我負ったりすることがあります。さらには、会社自体が倒産したりして、働き場を失うこともあるのです。

また、しっかりと働いていてもギャンブルや浪費などによって、お金が不足してしまうこともあります。限度を超えるとそれも生活に支障が出てきてしまうのです。そんな時には、知り合いや身内といった人からお金を借りることも一つの方法ではあるのですが、これは気まずい部分もあります。ですから、なるべく外部の機関に借りるようにしたほうがすっきりすることでしょう。

そこでお勧めなのが、カードローンです。銀行やクレジットカード会社、消費者金融会社などで利用することができるのですが、わりと銀行系は審査も厳しく、時間もかかるものです。それに対して、消費者金融では、スピーディな審査、そして融資といった流れになるので、便利です。すぐにお金が欲しいというときには、とてもいいのです。特に審査ゆるいのは、アコムやモビット、レイク、プロミスといった誰もがテレビのコマーシャルなどで聞いたことがあるような会社です。
(⇒カードローン審査の緩いところをお探しの方にオススメ記事

これらの消費者金融会社では、数分の審査により、申し込み当日の融資も可能なのです。一度利用してみると、あまりに簡単な手続きでお金が手に入るので、また次も利用したくなるのです。ただ、消費者金融会社では、金利手数料が若干高めであるので、返済額が少し高くなるということと、使いすぎると返済できない事態に陥ってしまう危険性があるのです。

ですから、カードローンは便利であっても、借金をしているといった意識を持つようにしたほうがいいのです。借金は自分だけでなく、家族を不幸にすることもあるので、気をつけましょう。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ