> > > 知名度のないカードローンだと診査ゆるいって本当なの?

知名度のないカードローンだと診査ゆるいって本当なの?

どこかで知名度のないカードローンはたくさん客を集めて大きな会社にして有名になる為に、診査がゆるいという話を聞きました。もし本当ならば大手にこだわる必要もないかなと思うですが、知名度のないカードローンなら診査ゆるいっていうのは本当の話なのでしょうか?ブラックでもなく普通に借りれるなら誰もが知っている大手の方が良いでしょうか?

多少はあるかも!?でも知名度の為にゆるくしても…

確かに、知名度のない大手とは言えないであろう貸金会社は数えきれない程にあり、できる事なら大手の座に上り詰めたいと考えている会社が多いかと思います。知名度を上げて顧客を増やすにはTVCMや広告が良いですが、そんな資金もないという会社も多いですよね。となれば口コミなどから顧客を増やすという方法もあるかもしれません。

その為に審査をゆるくして…あるかもしれませんね。ただし、あったとしても多少だと思います。知名度がないから審査が甘い、絶対に借りれるというのはないでしょうね。ブラックなら絶対に無理ですよ。知名度を上げる為に誰にでも融資をしていたら、どうなると思いますか?
(⇒ブラックでも借り入れしたい!という方にオススメ記事

誰でもいいから100人にお金を貸してみましょう。全員1万円ずつ計100万円貸しました。利息を足して1人1万500円ずつ返済しなくてはいけないとします。100人全員が返済をキチンとしてくれれば、500円×100人の5万円の儲けができます。逆に100人とも返済してくれなかったとすれば儲けの5万円はないですし、貸した100万円も損する事になります。

実際には100人なんて客数ではないでしょうし、1万円しか借りない人も少ないです。利息が500円なんて事も少ないでしょう。もっと儲けが大きくなる反面、損益も大きくなってしまうのです。みんながキチンと返済してくれれば知名度も上がり、大手の仲間入りもできるかもしれません。しかし、返済してくれる人が少ない程に損益ばかり大きくなり、下手すれば知名度が上がるどころか倒産です。

そう考えれば分かりますよね。少ない金額であれば多少は審査も優しくなるかもしれませんが、普通に考えれば地名度を上げたい今こそ慎重にお客様を選んでいる可能性も高いです。今、倒産するわけにはいきません。少しずつでも儲けを増やして会社を大きくしなくてはいけないのですから。だからと言って特別厳しいわけでもないと思いますが。まぁ普通というか一緒でしょうね。審査の基準が多少ゆるい会社もある程度でしょう。

普通にどこでも借りれる方なら大手を選択しても良いと思います。でも、大手とは言えない中小企業の中にも、全く聞いた事のない会社名の貸金会社の中にも、良い会社、これから大手になるであろう会社はたくさんあると思いますので、大手じゃなきゃダメとも言い切れません。大手より良い会社だって探せばあると思いますよ。

どんな会社なのか、どんなサービスを行っているのかなどをしっかりチェックして、自分にあった会社を選べば良いかと思います。闇金でない限り、莫大な利息を請求したりという事はできませんので、正直なところ大差はない事も多いです。店舗が近くにある、ネットだけで手続きができるなどなど、自分にとって便利だと思うとこで良いと思いますし、知名度を優先するもの良いと思います。知名度の低い会社を選ぶ時は、万が一の為、闇金でないかどうかは慎重にチェックしてくださいね。

【参考ページはこちら】
審査のやさしいカードローンなんてあるの?

診査ゆるいカードローンがあるかどうかについて

診査ゆるいカードローンを探している方が多いようです。カードローンの審査は一般的に収入と借入状況から判断されます。消費者金融のカードローンの場合は法的に収入の3分の1を超える現金を貸し出せない制限がありますのでカードローンを申込む際は収入の3分の1を超えないように借入希望額を設定することが重要です。

この制限は金融機関には適用されませんが、多くの金融機関が法律に準拠した制限を社内規程でもっているようです。審査が緩いカードローンを探している場合にはこの制限を踏まえて探す必要があります。審査としては収入の他に借入状況もチェックされますが、借入状況については自己申告が必要ですが、少なめに申告する人がいるようです。

しかし、借り入れ状況については金融機関と消費者金融の合同運営による個人の借り入れ、返済状況を保管する情報管理会社からのデータを利用します。自己申告との差が大きいと審査で振りになることも少なくないので、出来る限り正しく申請することが重要です。ローンでは収入が多く、借入も少ないのにローンが通らない方がいます。

逆に借り入れがある程度あってもローンが通る人もいます。この差は殆どの場合が借入件数の差です。借入件数は法的制限があるわけではありませんが、借入件数は月々の支払額に強く影響するので各社では審査時に厳密にチェックする項目の一つだそうです。審査で厳しい結果が出る事が多いのがこの項目です。

例えば100万円を1件で借りている方と100万円を10件で借りている方では月の返済が10倍違うことも珍しくありません。返済機関は短いかもしれませんが、月々の返済額が多いと予想される場合は審査で不利になることが多いようです。

この場合、おまとめローンと呼ばれる、復数のローンをまとめるローンを利用すれば支払い回数は長くなることが多いですが、借入件数が減り、月々の返済も減ることが多いようです。借入件数はチェックする人が少ない場合が多いですが、ローン審査を受ける際には要チェック項目の一つです

新着記事
カテゴリー
ページトップへ