> > > 審査ゆるい海外カードローンは日本人でも利用可能と聞いたけど…

審査ゆるい海外カードローンは日本人でも利用可能と聞いたけど…

日本の会社が提供するカードローンサービスが利用したいのですが、以前に一度自己破産により債務整理をしています。そういった場合に、日本の場合は審査が通りにくくなると聞きました。実際申込んでみると、債務整理後5年以上が経過しているというのに、なかなか審査に通らない状況です。そこで、外資系のカードローンサービスに目をつけました。海外カードローンは、日本と違って、審査がゆるいのでしょうか?

海外カードローンの審査は、過去ではなく現在の属性を重視します!

日本の金融関係の会社は、個人の信用を重視します。そして、個人の信用調査で最もよく使うのが信用情報機関です。信用情報機関には、個人の過去の債務整理などの事故情報などが記録されています。これらの、過去の情報から日本のカードローン会社は、その人の属性を判断して審査します。そう言った意味では、過去に何かをやらかしている人ほど、信用度が低くなる傾向あるのです。

もし自己破産した人がいたとしたら、あなたはどう思いますか?そうです、自己管理ができない人と見てしまいます。それがその人の全てのように感じてしまうんです。日本人独特の偏見のようなものも多少あるかもしれません。個人の信用にお金を貸すカードローン会社も、同じようなところがあります。CICやJICCなどの信用情報機関に記録された債務整理などの情報は、基本的には5年で消去されます。しかし、だからといって即審査に通るかというと、なかなか難しいのが現状です。

一方、海外のカードローンの場合は、審査基準が少々異なります。なぜならば、例えばアメリカにおいて自己破産した人の人数は日本の比ではありません。債務整理も、当たり前と思ってしまう感覚があるのかもしれません。更に言えば、自己破産後に立ち直って大富豪になる人も珍しくないのです。過去に債務整理したからと言って、人生が終わるわけではないのがアメリカです。なので、海外のカードローンが審査で重視するのは、あくまで過去ではなく、現在の属性なのです。そして、海外カードローンは審査に通れば、日本人でももちろん利用できます。

海外のカードローンの審査が、日本の審査よりもゆるいというのは正しくありません。正確には、審査で重視する部分が違うのです。ですので、日本のカードローン会社の審査に落ちても、海外のカードローンは通ったという人も少なくありません。その場合でも、審査が甘かったのではなく、あくまで現在の属性(職業や年収など)が評価されたからなのです。両者の審査の違いを理解したうえで、自分に合ったカードローンを選択しましょう。

審査ゆるい海外カードローンはあるのでしょうか

海外旅行や、海外留学、または海外での挙式や別荘などを持ちたいなど、国内だけでなく海外でも活躍の場は広がっています。しかし、海外となるとかなりの纏まったお金が必用になってきます。そんなときには、審査ゆるい海外カードローンがお勧めです。

カードローンは、使用目的は事業資金などを除いて自由に設定されているので、海外旅行など資金として融資を受けることが出来ます。また、カードローンの種類によっては海外でのキャッシングにも対応しています。海外に行って、現金を交換してもらうとなると手続きなどが面倒ですし手数料なども多くかかってきます。しかし、キャッシングを利用すれば、現地のお金を直ぐに引き出すことが出来るので無駄な面倒がありません。利用は、銀行などにあるATMから引き出せて、その後指定している口座からの引き落としになります。

カードローンの最大のメリットは、申し込みが簡単で面倒な手続きなどが少なく、審査が早いので融資も早いことです。最近は、インターネットだけの完結も可能なので、一切店舗などに出かける必要もなく、インターネットバンキングを利用することで直ぐにでも振込や返済などが出来るようになっています。

また、明細書などの書類なども届かないように出来るので、家族などに知られる心配はありません。海外旅行の資金以外にも、急な出費や趣味などの費用にも利用可能です。また、限度枠以内なら何度でも借りたり、返済も自由に出来るため、必要だと感じたときに直ぐにでも融資を受けることが出来ます。

通常のローンと比べると金利が高いといわれていますが、それでもかなり低くなってきています。特に、会社によっては初回では無利息サービスなども行っているので、お試しで借りてみたいときにも気兼ねなく利用出来ます。また、金利は一日ごとに追加されるので早く返済すれば、それだけ利息は安くなります。余裕のあるときに、追加でまとめて支払うことでよりお得に借りられます。

【参考ページ】
審査の緩いカードローンを利用したい方はこちらもオススメ

新着記事
カテゴリー
ページトップへ