> > > 審査の緩い所はどこ?銀行カードローン

審査の緩い所はどこ?銀行カードローン

銀行カードローンでの借り入れを考えています。現在フリーターをしており、お金が必要になったのですが収入も少なく貯金もありません。しかし、サラ金でお金を借りると大変なことになって取り立てに追い掛け回されるのではないかと思うと怖くて借りる勇気がありません。

銀行カードローンだと銀行がやっているので安心だと思い、借り入れを考えています。しかし、フリーターでも借り入れできるのでしょうか。審査のゆるいカードローンはあるのでしょうか?

審査の緩い所はどこ?銀行カードローン

新生銀行の専用カードローン「レイク」か三菱東京UFJ銀行がいいのではないでしょうか?フリーターでも借りやすいと思います。

基本的にカードローン会社はお金を貸すことを前提に審査を行います。収入をベースに返済能力がどれくらいあるかということを査定して借り入れ限度額を決定するので、フリーターであっても安定した収入があれば借り入れは可能です。

サラ金は不安だとのことですが、サラ金も大手となれば今やメガバンクのグループ会社がほとんどなので昔と違ってクリーンなイメージで対応もいいですよ。金利についても法律で定められている範囲なので問題もありませんし、ちゃんと返済していれば大変なことにはなりませんよ。取り立てについても法律規制が厳しいのでむちゃくちゃなことはされませんが、そもそも返済をちゃんと行っていれば何も問題はありません。

銀行カードローンの方が金利は安いですが、お金を借りる点では大手サラ金も大差はないと思いますよ。ちゃんと返済さえすれば何も問題はありません。

【参考ページはこちら】
在籍確認なしで審査の甘い銀行カードローンってある?

審査緩い所が気になるなら銀行カードローンをチェック

審査緩い所が気になるなら銀行カードローンをチェックしてみるとよいです。審査が緩い所はありませんが、消費者金融などとは審査の基準が違うため、消費者金融のカードローンが無理だった方でも審査を通ることができる可能性があります。

信用調査では、お金を貸しても大丈夫かどうかを調べることになります。そのときに信用できないと判断されれば、審査を通ることはできません。審査の緩い所があるというよりも、自分の今の状況でも利用できる銀行カードローンがあるかどうかを探してみることが必要です。

消費者金融の場合、総量規制があります。年収の三分の一を超えた貸付は出来ません。そのため、収入のない主婦の方などの場合、審査を通ることは難しいです。対して銀行は総量規制の適用外になっています。そのため、収入のない主婦の方でも銀行カードローンなら審査を通ることが可能になってきます。

単純に年収の高さだけを見て審査をしているわけではありません。信用に足りる人物かどうかを調べられているのです。

年収以外にも、クレジットカードの返済やカードローンの返済が遅れたようなことがあったりするのはもちろん、他の様々なことをチェックされています。公共料金の支払いがキチンとされているか、携帯電話の支払いが遅れたことがないか、奨学金の支払いがスムーズに出来ているか、など、支払いの関係は様々な面からチェックされます。

また、勤続年数や現在の住所に何年住んでいるのか、などといったこともチェックが入ります。素人では、自分のどこを見られているのか分かりません。そのため、自分の思う理由で審査に通るのは厳しいと思っていたのにすんなり通ってしまったりすることがあります。そうなると審査緩い所のイメージがついてしまいます。

しかし、銀行カードローンの申し込みをすれば、見るべきところはキチンと見られています。審査を通るだけの信用があっても、申し込み書の記入ミスなどにより落とされてしまうこともありますので、油断しないで申し込みをするようにしましょう。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ