> > > みずほ銀行カードローンの審査の流れを教えてください

みずほ銀行カードローンの審査の流れを教えてください

みずほ銀行を昔から利用しています。今回、みずほ銀行カードローンのご利用案内が送付されてきたので、申し込んでみようかと思っています。気になるのは、やはり審査。どのような流れで進むものなんでしょうか。

個人の基本的な情報と共に債務整理ありなしなどが審査にかけられます

長年、生活に密着している企業は愛着がわきますよね。また、信頼も培っているものが大きいもの。個人で利用している場合、そこまで大げさに信用云々がなくても、利用する上で不便が無い場合でしたら、いつも使っている銀行のカードローンを利用したくなるものでしょう。みずほ銀行という銀行のカードローンでしたら、安心ですし、利率も低いのを期待できますし。

カードローンというだけあって、お金のやりとりを主にしている金融取引になります。お金のやりとり、つまり貸し借りに関して何より大事になるのは、信用です。しかも、お金に関しての社会的信用が何よりも大切になるのです。特に重要な部分は、債務整理の有無、現在の勤務先の勤続年数、過去のローン、現在のローンの延滞記録、ローン会社への短期間での複数社の申込み記録、他社への借り入れ記録といった、お金に関しての信用情報について調べられ、返済が本当に可能かどうかの審査をかけられます。記録を照合されて、審査にかけられるので、時間もかかります。特に銀行カードローンは、一般の消費者金融会社よりも審査に時間がかかります。1ヶ月は余裕をもって見ておくとよいと思います。

【参考ページ】
みずほ銀行のカードローンを利用して借り入れしたい方はこちらもご参考に

みずほ銀行カードローン審査の流れについて

みずほ銀行のカードローンは、金利が年4.0~14.0%と低く抑えられているだけでなく、最大限度額は1,000万円と頼りになる設定になっています。しかも、みずほ銀行は、銀行なので、消費者金融とは違い総量規制の対象にならない為、年収の1/3までという制限がつく事はありません。

そんなみずほ銀行カードローン審査の流れは、みずほ銀行に口座を持っているか、持っていないかで変わってくる事になります。口座がある方が有利に審査が進むのではないかと考える人もいるでしょう。ですが、口座があれば最短で即日利用可能になるのに対し、口座がない場合、申し込んだその日に審査結果が分かっても、即日利用可能にはならないというだけで、審査自体に影響はありません。

口座を持たないまま申し込んだ場合でも、その後、普通預金口座開設の必要がありますから、先に口座を開設しておけば審査の流れをスムーズにする事ができます。そんな、みずほ銀行のカードローンの審査の申し込みは、パソコン、携帯、スマートフォン、窓口、郵送、電話から行う事ができます。

パソコン、携帯、スマートフォン、窓口からの場合、速ければ即日審査が可能となり、急いでいる時に便利です。インターネットからの申込の場合、情報を入力し、送信すると、みずほ銀行の方で審査に入ります。その審査基準は明らかにされていませんが、年収や雇用形態、勤続年数等様々なポイントで審査をしていく事になります。(こちらもご参考に→カードローンの審査基準が気になる方にオススメ記事

審査が終わると、メールで審査結果が届きます。その後、みずほ銀行に口座を持つ人は、本人確認資料や借入金額によっては収入証明書を撮影し、送信する事でカードローン口座開設の連絡が来て、最短で即日利用可能となります。

口座を持たない人の場合、審査結果を受け取った後、申込書類が届くので返送をし、カードローン口座が解説され、カードが届くと、そこからは限度額の範囲内であればいつでも自由にカードローンの利用が可能となります。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ