> > > 誰でも一番審査がゆるいカードローンなんてあるの?

誰でも一番審査がゆるいカードローンなんてあるの?

カードローンの使い過ぎで借りられなくなってしまいました。限度枠一杯までで借りているようなのですが、このような状態の人でも一番審査がゆるいカードローンなんて言うものはあるのでしょうか?

信販系のクレジットカードがオススメとなります

このようなケースで質問をされる人は多いです。また、カードローン単品で考えると「ない」という回答になりますので先に回答しておきます。また、限度枠一杯まで利用されている場合だと、カードローン業者のほうで貸出できないという情報が登録されてしまっています。つまり、一定額を返して借りられる状況を作らないと貸せないというわけです。

しかし、それでは辛いという人は多いので、今では信販系のクレジットカードがオススメだと回答している人が多かったりします。クレジットカードは、カードローンと比較しても比較的甘い審査をされていますし、特に限度枠一杯までで借りている人でも貸してくれるところは多いです。ただし、限度額については10~40万円くらいだと思っておいてください。さすがに50万円以上をポンと貸してくれるところはないです。

次に、どうして「信販系をチョイスするのか?」というと、それは信販系であればクレジットカード業者にとっても旨味があるからです。今では、テレビの特集などでも案内されていますが、クレジットカードというのは基本的に単品で申込をしてくる加入者は少ないです。信販系であれば、ショッピング目的であったりなにかしらのショップで特に使い勝手のよいクレジットカードで契約される人が多いのです。それもあり、よく申込が来るショップ関連のクレジットカードの審査は甘いのです。

【参考ページはこちら】
信販系のカードローンって大丈夫なの?

銀行系で一番審査がゆるいカードローンとは?

一番審査がゆるいカードローンというと「どんな人でも審査が通るのか」といった誤解を受けそうですが、現時点で多重債務であったり「延滞」「債務整理」「自己破産」などがないことは絶対条件となります。それだけをクリアしていれば、かなり積極的に貸し付けている銀行カードローンが、審査がゆるいといえるでしょう。(こちらもご参考に→審査の緩いカードローンに関するオススメ記事

カードローンは原則として無担保保証人不要ですが、保証会社の保証が得られることが条件となっています。そのため銀行独自の審査ではなく、保証会社の審査がかなりのウエイトを占めます。

保証会社は銀行の子会社や金融業者が引き受けていますが、特に消費者金融が審査が柔軟といった印象が持たれています。一応銀行が貸し付けることになっていますが、実質は消費者金融とあまり変わらないほどの審査基準です。とは言え金利も低金利ですので、もちろん若干消費者金融よりも審査は厳しくなります。

しかしもし延滞などの焦げ付きが起きた場合にはすぐに保証会社が弁済し、回収は保証会社が行うこととなります。消費者金融には個人向け融資の取り立てのノウハウがありますので、通常銀行が貸し出せないような属性に対しても融資が可能となったのです。そういったことから、以前ほど銀行は借りにくいといったことがなくなってきました。

特に「メガバンク」や「新しい形態の銀行」のカードローンは貸付限度額も大型で、審査も柔軟な傾向にあります。その中で特に柔軟だと判断する目安は、金利です。金利が消費者金融と変わらないものから、低くても2桁のような商品は、審査も緩やかです。反対に「さすが銀行!」と言えるような1桁金利を提示しているものは、それなりに審査が厳しくなります。

銀行ならではの低金利のカードローンの審査にも挑戦してみたいということであれば、同じ商品でも保証会社によって金利が違うようなものを狙ってみるとよいでしょう。銀行の子会社の保証会社が保証できるようであれば金利は低く、もしそちらの審査が通らない場合でも自動的に貸金業者系の保証会社の審査に移ります。それでも同一の申し込みになりますので、信用情報上も「1回の申し込み」と扱われます。巧く行けば低金利で借りることができますし、その時点で無理であっても信用を積み重ねていれば、次の新たなローン申し込みの時には低金利の方で契約できる可能性があります。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ