> > > 銀行でカードローンを借りたいので審査の甘いところは

銀行でカードローンを借りたいので審査の甘いところは

給料日前にまとまった額が要り、初めてカードローンを借りようと思います。銀行のカードローンは安心できるので、銀行でカードローンを作るとき、審査は厳しんですか?審査で落ちるとも聞きましたので銀行のカードローンで審査の甘いところはありますか?

銀行でも専業主婦や学生でも借りられる所もありますよ

銀行のカードローンは、消費者金融系のカードローン会社より審査が厳しいというイメージはあります。でも、銀行でも専業主婦や学生でも限度額上限はあるものの借りられる所もあります。(こちらもご参考に→カードローンの上限に関するオススメ記事)企業は安心して返済してくれる人に貸したいので、本来継続して安定的な収入がある事が条件です。なので専業主婦も学生も借入限度額は低いです。学生の場合はアルバイトしているかなど審査されます。

借りるうえで審査に通るためにはいくつかの条件があるのですが、申込者の職業や勤続年数や収入などがあり銀行側に安心して貸してもらうためには、より勤続年数が長かったり収入が多い方がいいのですが、この条件は、すぐに変えられるものではないですね。そして審査の条件は他に、過去や現在の借入状況や返済状況も見られます。この条件は過去は変えられませんが、今後の支払い状況は今後の影響します。できるだけ借り入れ履歴が少ない方がいいでしょうし、支払いも遅延などしてない方が審査も通りやすいでしょう。

そういった審査条件を通っていくわけですが、中でも審査が甘いというのは、カードローンの中には職業や勤続年数など必要条件にしないカードローン商品もあります。銀行によって審査基準も違いますが、仮に1者審査を受けて通らなくても他社の銀行は通るときもあります。ただ、やみくもに申し込むと申込み履歴もちゃんと信用情報に残りますのでお気を付けください。

ただ金利を忘れてはいけません。借入額が少ないほど金利は高いので、審査が甘く限度額が少ないときは、金利を考えて計画的に返済シュミレーションして確認しましょう。

【参考ページはこちら】
カードローンを利用しやすい職業について教えて!

審査の甘い銀行のカードローンを見つける方法

銀行のカードローンは総量規制がかかりませんから、年収のあまり大きくない人でも多くの資金を借りることができるという意味では非常に優れたものです。しかし、全般的に見れば審査は厳しい傾向があります。消費者金融や信販会社に比べると少し厳しいと考えられるのですが、その中でも差はあります。全体的な傾向を知っておく必要はあります。

まず、全体的に見れば、規模の小さい方が審査は甘い傾向があります。大手のメガバンクよりも地銀などのほうが審査は甘い傾向があります。銀行ではありませんが、信用金庫も同じようにカードローンを提供しています。信用金庫は地銀と同じくらいの規模だと考えておくのが良く、審査の甘いものとしては候補に入れておくと良いです。

店舗を持っている銀行とは別に、ネット銀行も最近ではカードローンを提供しています。どちらかというと新しい形態で経営を行っていて、登場したのも最近です。審査については、店舗を持っているものよりも甘いことが多いですから、これも視野に入れておきましょう。

基本的にはこのような傾向がありますが、審査に通りやすいのかどうかは申し込みをする人によっても異なります。もしもすでに取り引きがあるのなら、それによって信用力は高くなりますから、審査には通りやすくなるのです。この点についてはよく把握しておく必要があります。ですから、審査の甘いものを選ぼうと思ったときには、メインバンクとして使っている金融機関に申し込みをするのが良いです。

例えば、公共料金の引き落としや給与振り込みに使っている口座は誰しも一つくらいは持っているものです。このような口座を開設している銀行であれば取引の実績もありますし、それによって信用力も高くなります。ですから、全く取り引きのない金融機関のカードローンに申し込みをするよりも審査には通りやすくなります。長く使っている金融機関があれば、そこで申し込みをする方が良いのです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ