> > > ブラックでも審査が甘いカードローンを知りたい

ブラックでも審査が甘いカードローンを知りたい

2年ほど前にクレジットカードの支払いを滞納してしまい、結果的にカードが使えなくなりました。いわゆるブラックになったようです。こんな過去があるブラックでもカードローンを作るとき審査の甘いところはありますか?

ないとはいえませんが有名会社の審査に通るのは難しいでしょう

金融事故情報(ブラックリスト入りともいわれる)の内容はいろいろです。カードローンやクレジットカードの延滞や債務整理や代位弁済、自己破産、強制解約などですが、信用情報機関に登録されているのはこれら以外にも借り入れ申し込み履歴や返済が滞納していない返済の履歴なども、ここ数年は残っています。この情報は一生残るのかといえば、情報の内容にもよりますが、例えば延滞は5年近く残り、自己破産は約10年近く残ります。

仮に延滞していた支払いを完済して解約しても、その後5年近く登録情報は消えないので、カードローンを新たに作るときは消えてからでないと審査は通りにくいと思った方がいいでしょう。すでに金融事故になってしまっていたら新たに金融事故情報を登録しないように消えるのを待つ方がいいでしょう。そして今後借りされるようになっても、返済シュミレーションをして借りすぎないように、そして早く完済しましょう。

あなたの場合は、ブラックリストにのっていることを知っているのですが、本人は自覚していないのにカードローンの審査に落ち続けている人は、いちど信用情報機関に自分の登録情報を確認してみるといいでしょう。思い当たらなくても過去に支払いの遅延情報が残っているかも知れません。

【参考ページはこちら】
申込みブラックになってもカードローンを利用できるの?

ブラックでも審査が甘いカードローンで闇金に手を出さないことが大切です

金融事故の経験者はブラックリストに載ったと呼ばれ、ほほすべての金融機関から取引を断られます。そのため、このような人が資金不足になると闇金に手を出すことになり、借金地獄へ陥っていくのです。しかし最近では、ブラックでも審査が甘いカードローンがありますから、危険な闇金に手を出さず、このような信販会社と取引をすべきです。
(⇒審査が甘いカードローンをお探しの方はこちらもオススメ

このような信販会社は昔からありましたが、最近少しずつ増加しています。その背景には業界内での競争激化があります。競争に耐え切れなくなった信販会社が新しい顧客を探した結果がブラックの人たちだったわけです。これらの人たちに貸付をする信販会社は皆無だっただけに、顧客には苦労しません。ただし、貸金の回収可能性と言う面では非常に問題があるので審査は慎重です。

もっとも、まともに審査をしていれば貸付可能額がなくなりますから、貸金業法の制限内で貸すことができる目いっぱいの金額を貸し付けることになります。しかし、その際も収入から生活費を引いた収支差額を算出し、その金額から逆算した融資限度額を設定しています。そのため審査が甘いように見えても、実際は融資限度額は多く設定できるわけではありません。

とはいえ、法外な利率と支払遅延を起こした際の執拗な回収がある闇金に比べれば、合法的な信販会社の方が安心です。自分では返済可能額がわからないような人であっても、信販会社の担当者がきちんと返済可能額とそれに見合った融資限度額を説明してくれます。金融事故の経験者は、お金の管理ができずにそうなってしまった人が多いことから、信販会社側も同じ過ちを起こさないように指導する必要があるのです。

とはいえ、このようなカードローンを提供している信販会社の存在は、闇金へ流れてしまうブラックリストの人の数を少しでも減らす効果があります。また、信販会社側もリスクは非常に高いものの、競争が少ないため貸付残高を増やしやすいという利点があるのです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ