> > > 勤続年数が短くても審査の通るカードローンはありますか?

勤続年数が短くても審査の通るカードローンはありますか?

転職したばかりで、引っ越しなどお金がいるのでカードローンで借りようと思います。カードローンの審査で勤続年数が長い方が通りやすいと聞きましたが、勤続年数が短くても審査に通るカードローンはありますか?

パートやアルバイトでも借りられるカードローンもあります

カードローンの審査では、年収や職業、、勤続年数などの支払状況を見て安心して貸すことができるか見るわけですが、その中で勤続年数も大事な要素ですね。銀行や消費者金融のどそれぞれ審査基準は違いますが勤続年数が長い方が信用度が増しますよね。あなたのように転職したばかりのタイミングですが、勤続年数だけ見たら借りられるカードローンはありますよ。

安定継続した収入がある人に審査が通りやすいのですが、パートやアルバイトでも通るカードローンもあります。パートやアルバイトでも勤続年数は考慮されますし、仕事を始めたばかりだと信用度も低いかもしれませんね。会社に在籍確認の電話がかかってくることもあります。勤続年数が少ないからと言って、申込書に虚偽の申告などして、信用度を損ねないようにしましょう。審査が通りやすいときは、借入限度額が低い事や、金利が高くなりがちですので、金利は返済に影響るので返済計画を考えてから借りましょう。

借り入れ金利を低くそして多く借りたいと思うかもしれませんが、カードローン商品によっては年収いくら以上と限定されているものもあるように、年収や職業そして勤続年数などで安定していることを証明しなければ、多くは貸してくれないでしょう。(こちらもご参考に→年収はカードローンの限度額に影響する?)返済能力を証明できる書類も増えます。身分証明は金額に関係なく入りますが、借入額によっては源泉徴収書や納税証明書が必要になります。

【参考ページはこちら】
カードローンを利用しやすい職業ってあるの?

勤続年数が短くても審査の通るカードローンとはどこのカードローンか

カードローンの審査では、さまざまな項目を見ながら審査していきます。素人でも一番重要だとわかるのは、年収の項目でしょう。年収が少ないと返済をするのが難しくなりますから、この項目が審査で重視されるのは当然といえます。また他社からの借り入れについても、多いと返済が困難になりますから、重視される理由はよくわかるはずです。

これ以外には、勤続年数も審査で重要視されます。しかし、素人にとって勤続年数は、返済能力に無関係だと考えがちです。確かに勤続年数が長いと年収は多くなりますが、それは年収の項目で調べることができます。そのため、審査においての勤続年数の重要性に気付かずに、転職したばかりや新入社員でもカードローンに申し込む人はいるでしょう。

ですが、転職したばかりの人や新卒者は、勤続年数が基準よりも短くて審査に落ちることはよくあります。このことがネックになってしまい、転職や就職をした直後はカードローンは利用できないのです。しかし転職や就職直後というのは、お金が必要な時期でもあります。カードローンに申し込むぐらいですから、かなり緊急の用件があると考えることができるでしょう。

勤続年数が短くても審査の通るカードローンなら、転職や就職をした直後でも借りられる可能性はあります。もし審査に落ちた理由が勤続年数であると疑うなら、勤続年数が短くても審査の通るカードローンにもう一度申し込みましょう。審査で勤続年数をそれほど重視いないカードローンもあるので、探してください。

ネット銀行は、比較的勤続年数が短くても審査の通るカードローンとして知られています。勤続年数が短くても十分な収入があれば審査に通るので、ネット銀行に申し込みをしてください。また新卒者の場合には、勤続年数が短くても審査の通るカードローンに申し込まなくても、数ヶ月間待てば通ることもあります。緊急の用件でない場合は、期間を空けてから申し込むと良いでしょう。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ