> > > カードローンはどうしたら審査がとおりやすいの

カードローンはどうしたら審査がとおりやすいの

カードローンを借りたいのですが、カードローンでも審査に落ちると聞きました。初めから通りやすいカードローンはあるんですか?どうしたら審査に通りやすくなりますか?

審査基準は、企業によって違いますが学生でも借りられます

カードローン会社の審査基準は公表されてないし、企業によっても審査基準は違います。申込者のそれぞれによって審査に通りやすいポイントは違うかもしれませんが、やはり審査がある以上申込み者が安心して貸すとこができるのが見極めます。どのような情報を元に見るかというと、年収、職業、勤続年数など職歴は見ます。その他企業が信用情報機関に問い合わせて申込者の現在や過去の借入履歴、クレジットカードも含め返済の仕方なども見られます。

いつでも本人確認書類として、運転免許所やパスポートなどは必要なのですが、借入額によっては、源泉徴収票や納税証明書、確定申告書などのいずれかが必要な場合もあります。こういった情報を元に審査していくのですが、申込書に虚偽、意図的でなくても間違えでも、事実を違っていると信用を損ね審査に不利になるので、正確に丁寧に記入しましょう。

信用情報機関での情報で企業が見ている借り入れ履歴は、過去や現在の借入で多く借り入れていたり、返済が遅延していたらやはり、審査には通りにくくなるでしょう。審査に通っていなくても、申込みを複数していても、その履歴も残っています。現在すでに借り入れがあり、新たにカードローンの申し込みをするのなら、今のカードローンの返済を滞らないように支払わなければ、今後の審査で通りにくくなります。

借り入れ限度額が低いですが、学生や専業主婦でも借りられるカードローンもあります。収入などで不利な条件の人でも、限定された商品は、事件に合えば通りやすいでしょう。

【参考ページはこちら】
学生だと銀行カードローンの審査には通れないの?

審査にとうりやすいカードローンはどこか?

毎日の生活の中で、お金は必要なものです。お金がなければ、食べ物や飲み物、着る物や住むところも用意することができません。働いていて、質素に生活をしていれば、それなりに暮らしていけるものですが、それが相応の暮らしをしなくなると、全てが崩れてしまうものでしょう。お金の収支のバランスが崩れると、生活がまわらなくなります。

また、中には失業したり、病気になったり、怪我で仕事をすることができなくなると、収入がなくなってしまうでしょう。そうなると、手持ちのお金では生活をしていくことが難しくなるので、人から借りたり、金融機関から借り入れたりすることを考えなければなりません。

そこで、お勧めしたいのが、カードローンです。これは、銀行やクレジットカード会社、消費者金融会社などの金融機関からお金を借りるローンのことです。用途自由のフリーローンでもあります。通常、銀行やクレジットカード会社では審査が厳しいのですが、消費者金融会社の場合では、わりと審査がゆるく、とうりやすいといわれています。銀行やクレジットカード会社では、審査に数日の日にちがかかるのです。そう考えると、消費者金融では、即日審査で即日融資といった流れなので、すぐにお金がほしいときには便利なのです。
(⇒自分に合ったカードローン会社の選び方

消費者金融というと、アコムやアイフル、モビット、レイクといった会社があります。(こちらもご参考に→新生銀行レイクのカードローンを利用したい方にオススメ)よくテレビのコマーシャルやインターネットなどでも宣伝しており、以前よりもとてもイメージがよくなりました。それに加え、法的規制がかかっており、金利の上限も厳しくなったので、返済額がとても跳ね上がってしまい大変になるといったこともなくなったので、安心です。多少の金利の負担はありますが、それでも本当にお金に困っているときにはいいでしょう。

このように、カードローンはとても便利であり、いざというときには助かるのですが、手軽なあまり、使いすぎてしまうことがあります。ですから、計画的に使うようにしましょう。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ