> > > どうしてブラックで借りれるカードローンなどが存在するの?

どうしてブラックで借りれるカードローンなどが存在するの?

男女に関係なく、ブラックで借りれるカードローンのようなものが存在するけど、どうしてこのような業者が存在しているの?

経営の問題で対応しないといけないから

そもそも、ブラックといってもみんながブラックリスト入りしているような相手ではなかったりするの。具体的には、ブラックリスト入りというのは「多重債務者、債務整理、自己破産」などをされている人をいうのだけれど、それらに該当していないでブラック扱いされているような人もいる。ブラックで軽度なものでは、返済の遅延と後は返済上でトラブルを起こしてしまった契約者が該当するわね。

返済の遅延というのは、期日を守らないで引き落としがされなかった契約者のこと。そして、返済上でトラブルを起こしてしまったというのは、同系列の業者でトラブルを起こしてしまうなど、間接的な被害を与えてしまっている人が該当となるわ。例えば、カードローンは正常に返済されているけど、同系列のクレジットカードやキャッシングローンでは返済が遅延してしまっているなどのケース。

ただ、これらに該当する人というのは、「返済の意思」がある人であったりもするの。つまり、返済能力はあるけれど結果的にブラックリスト入りしてしまっている人。そのような人であれば、対応がきくようなサラリーマン金融もあるし、サラリーマン金融にしてみてもカードローンのみで経営をしているところが殆どなので、このような相手まで審査で省いてしまうと大損害になってしまったりするので、できる限り契約可能な相手としていたりするわけ。

【参考ページはこちら】
自分に合ったカードローン会社の探し方を教えて!

ブラックで借りれるカードローンはあるの?

普通につつましく生活していても冠婚葬祭、子供のトラブル、会社のおつきあいなど様々な場面で急な出費を必要とすることがあります。そんな時にお助けになるのが銀行やクレジット会社のカードローンでしょう。しかし、人によってはブラック情報に掲載されているため借り入れが難しい方もいます。そもそもブラックとは何でしょうか。

ブラックリストとは書類そのものの名称ではありません。銀行系や消費者金融系などいくつかに分かれた信用情報機関という会社があって、そこの情報にある人の借り入れ先、返済履歴や金融事故情報などが掲載され、この中でも滞納や事故情報にあたる部分がいわゆるブラックと言われているのです。
(⇒会社によってはブラックでも借り入れできることもあるってホント?

もし、信用情報に事故情報が掲載されてしまった場合、破産や任意整理などの債務整理をすると5年程度は借り入れができないという情報が出回っているようですが、必ずしもどこからも借りられないわけではありません。信用情報をどこの範囲まで見ているかというのもその金融会社によりますので、場合によっては情報がスルーされていることもあるからです。

そして、ブラック情報がある消費者に貸す業者はヤミ金だけ、という情報も正確ではなく、ブラックで借りれるカードローンというのもあります。ブラック情報を知りつつも現在の収入、勤務先などの別の要素を考慮してあえて貸し付けているのです。ただ、大手の金融業者については顧客が非常に多く、すべての事情を考慮していられる体制ではないこと、データベースと直結した審査でほぼ自動的に落とされてしまうことを考えるとやはりブラックの債務者に貸し付けるのは中小の業者が中心と考えた方が良いでしょう。

注意しなくてはならないのは、最近では表向きは正規の業者を装って、契約段階で債務者に不利な内容を強いてくる「ソフトヤミ金」というのが出てきています。もし店舗に行ってから新たに不利な条件を後出ししてくるような業者からは借りないようにしましょう。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ