> > > もしブラックになると銀行カードローンは使えない?

もしブラックになると銀行カードローンは使えない?

以前に多重債務でローンなどの返済が遅れたことがあるのだが、もしかするとブラックになると銀行カードローンが使えなくなったりする?

全体的にローンはできなくなる

今では、カードローンなどでも有名になってきているが、ローンと言うのは信用があって借り入れが行えるようになっているだけ。つまり、信用出来ない相手というふうに扱われてからは制限がかかるようになっている。また、ブラックになると銀行カードローンが使えなくなったりする?については、ローンが全体的に行えなくなるというふうに思っておいたほうがよい。

実際に、ブラックになってしまうと年数にして数年以上も使えなくなるなどの問題はある。これはまだ軽い方で、酷いものになると銀行カードなどについても返却を求められるケースもあるし、さらにそれ以外のローンについても停止するなどの措置があったりする。とりあえず、新規でカードローンを組むなどについては、基本的に出来ないようになると思っておいたほうがいいだろう。

ただ、これについてはあくまでも一般的なローンであった場合の話。例えば、クレジットカードなど別会社でのローンについては、ずいぶんと審査が甘かったりもする。銀行などでもクレジットカード契約ができたりするのは、このような例外があるからだ。クレジットカード以外については、どうやらブラックになると銀行から情報の登録がはいるようで、全体的に駄目になるようになっている。

【参考ページはこちら】
カードローン会社は自分に合った所を選んで

銀行のカードローンをブラックでも作るには

銀行のカードローンをブラックリストに載っても作るには方法があります。これは、どのような状態でブラックになったのかが関係してきます。

複数のカードローン会社にいっぺんに申し込みをしたときや公共料金の振込みが遅れたようなときでも個人信用情報機関という所に記録が残ります。カードローンの申込みをすると、支払いに問題がある、あるいは問題を起こしそうという状態を個人信用情報機関でチェックします。

個人信用情報機関へ記録が残る場合とは、借金の返済が遅れたことだけではありません。申込みの状況なども記載されます。また、支払いの状況は借金のみが対象となるのではなく、携帯電話料金の支払い状況などに問題があっても記録が残ることになります。

逆に言えば、完済の情報も記載されます。自己破産をされた方でも処理が終わっている場合には、また話が違ってきます。完済が終わっている状況か、債務整理をしている状態である場合には、カードを作ることができる可能性があります。

銀行によって審査の基準は違ってきます。携帯電話料金の支払いが遅れてしまった状態や、複数のカードローンを申し込んで一時的にブラックになってしまった方の場合には、一定の期間が経過し、信用調査に問題のない状態であれば、審査が通ることもあります。(こちらもご参考に→カードローンの審査基準ってどうなってるの?

自分が審査を通ることが大切です。審査に通るかどうかは、実際に申し込みをしてみないと分かりません。しかし、申込みをして通らないと、申込みブラックになってしまいます。審査の基準には違いがありますので、簡易審査などを利用して自分が通るかどうかをチェックしてみるとよいです。

簡易審査などを利用することで、安心して申込みをすることができる銀行のカードローンを見つけることができます。せっかく審査に通るだけの信用があるのに、審査の厳しいところを利用しようとして申込みブラックなどになっては困ります。申込みをするのであれば、事前に情報収集をして、慎重に申込みをするとよいです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ