> > > 金利の利率でみずほ銀行カードローンはどうなっている?

金利の利率でみずほ銀行カードローンはどうなっている?

金利(実質年率)についてですが、みずほ銀行のカードローンの利率はどのようになっているのだろう?安いとは聞いているのですが、利用をしていてあまり実感がなかったりもする。

実質年率については業界トップクラスです

まず、実質年率についてですが「4.0~14.0%」となっていますので、業界でもトップクラスになっているのは確かです。また、みずほ銀行より金利が安い業者があったとしても、その他行については一時的なキャンペーンか、もしくは上限金利・下限金利のどちらかが安いだけです。つまり、借りる金額に応じて必ず金利が下がっていくというふうになっているかは不明なのです。みずほ銀行は平均的に1.5%ほどの変化があります。

実際のご利用限度額と金利の関係についてですが、多くの人が利用されている10万円以上100万円未満では年14.0%となっています。最低金利の4.0%については800万円以上となっておりますが、金利については変動金利となっているので固定ではありません。この金利の変動については、主に金融情勢などにより金利の見直しがあると変動がかかってしまうというのを言っています。

ただ、大手のみずほ銀行のカードローンの利率なので変動は殆どないと思っていてもいいのではないかと存じます。というのも、金利についてはめったな事では変動しないので信用をしてお金が預けられたりもするからです。実際に大手銀行で大幅な金利変動というものはほとんどありませんでした。それと、金利だけでなく借入額についても、みずほ銀行は業界でトップクラスとなっています。

【参考ページはこちら】
関係が分からない!みずほ銀行と消費者金融

みずほ銀行のカードローンで借りたときの利率の決まり方

金融機関から借り入れをすれば利息を支払うことが必要になります。一時的に無利息で借りる事のできるサービスなどもありますが、基本的には利息は支払わなければなりません。その金額はどのようにして決まるのでしょうか。これは利率によって計算されます。具体的には、「借入金額×年率×借り入れ日数÷365」として計算をするのが一般的です。

ですから、利率は低ければ良いのですが、その決まり方は金融機関によって異なります。全体的に見れば、返済能力に応じて決まる割合が高いと考えられます。つまり、返済能力が高い人ほど低い利率で設定されることが多いのです。金融機関は貸し付けたことによって得られる利息が収入ですから、返済能力の高い人にはたくさん借りて欲しいと考えていて、そのために返済能力が高い人ほど有利な条件で借りることができます。

返済能力があるのかどうかを知るために金融機関は審査を行います。色々な書類の提出が必要になるのは、返済能力を知るためなのです。みずほ銀行のカードローンに申し込みをする場合にも同じことが言えるのですが、特徴としては限度額と連動しているという点が挙げられます。

限度額についても返済能力によって決まることから、利率と限度額は基本的には連動しているものなのです。具体的には、10万円以上100万円未満の限度額の場合には年率で14%の基準金利が採用されます。そして、限度額が大きくなるにつれて基準金利は下がり、800万円以上1,000万円以下なら4%に定められます。これが最低の金利です。

みずほ銀行カードローンは変動金利を採用しているという点には注意しておかなければなりません。変動金利ですから、経済や金融の情勢が変化すると利上げや利下げが行われます。利下げなら問題はないのですが、利上げされる可能性もありますから、経済情勢や金融情勢には注意しておくことも必要ですし、少しくらい金利が上がっても返済できるくらいの余裕は必要です。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ