> > > みずほ銀行カードローンの本審査で落ちそうなので質問

みずほ銀行カードローンの本審査で落ちそうなので質問

みずほ銀行カードローンの本審査で落ちそうで困っている。どうにかして、本審査で落ちないで済むようなテクニックで誰でもできるようなものはないか?

借入を減らしておくのが得策とされている

同じような状況で返済をしてから本審査通過をした経験がある。今では、借入額については総量規制もあって緩くなっているので、カードローンなどの件数を減らしておくようにしておいたほうが効果的だ。また、このような対応については加盟している個人情報信用機関で銀行は調べられるようにもなっている。今では、サラリーマン金融でさえ加盟しているので調べられないということはないだろう。

このような対応がされていると、みずほ銀行カードローンの本審査で落ちるケースも随分と減る。どうしてこのような対応をしてくれるのかについては、加盟している場合には情報の登録もしないといけないようになっているから。要するに義務化になっている部分に、個人の利用状況の登録があるというわけ。そして、このような個人情報信用機関でチェックが入ると、問題があるかどうかについてもすぐにわかる。

なので、カードローンの返済で困っているが借入もしたいというようなダブルブッキングについては、現代の銀行では対応していなかったりするので注意しよう。そもそもカードローンは信用貸しなんだけど、現代では個人情報信用機関で調べられるようになっているので、借金を新たにする場合には借入についての返済と返済状況については大事なのだ。返済状況というのは、遅延などの損害を金融業者に対して与えていないかどうかということ。

【参考ページ】
みずほ銀行カードローンの特徴を知りたい方はこちらへ

みずほ銀行カードローン本審査落ちしないコツ

みずほ銀行カードローン本審査落ちをした経験を持つ人が結構いるようです。みずほ銀行は日本でも有数の金融機関なので厳しい審査が行われていると勘違いしている方も多いようですが、みずほ銀行だから厳しいということもなく、他の金融機関と同様の審査が行われているようです。
(⇒カードローンの仮審査と本審査の違いって何?

ではなぜ審査が通らないのかですが、ポイントは収入と借入額のバランスと利用実績です。収入と借入のバランスについては消費者金融ではないので法的な制限はありませんが、収入の3分の1を超える現金の借入はバランスの問題もあり、審査が通りづらい傾向にあるようです。

また、気づかない方が多いのが借入件数です。小額ローンを多数持っている場合、借入額は多くないのに月の返済が多すぎると判断される場合もあるようです。借入件数が多い場合はおまとめローンなどを利用して借入件数を減らすことが重要です。また、おまとめローンを契約できれば月の返済も減ることが多いので家計も楽になると言われています。

次に分かりづらいのがみずほ銀行の利用実績です。銀行口座がなかったり、他のローンを組んだことがない場合は利用可能金額を低く設定していることも多いようです。例えば年収600万の方の場合200万円くらいまでは利用可能額があることも珍しくありませんが、利用実績が無い方の場合希望額以下になることや、そもそも利用希望額が多すぎる場合に審査を通さないことも珍しくありません。みずほ銀行に限らず、キャッシング・サービスありのローンを希望する場合は寺領実績に気をつけながら、借入希望額を設定することをオススメします。

借入希望額は後で増額申請できるので、最初は少なめに希望申請すると審査に通りやすくなるようです。(こちらもご参考にどうぞ→みずほ銀行カードローンは増額できるってホント?)また、消費者金融でなくても、収入の3分の1を超える現金の借入はキャシングサービスでは厳しくなる傾向があるので必要な場合は通常の融資の申し込みも検討される方が良い方も多いようです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ