> > > みずほ銀行カードローン、仮審査時間が早いらしい、どの程度?

みずほ銀行カードローン、仮審査時間が早いらしい、どの程度?

みずほのカードローンは、仮審査時間がとても速いと聞いたはずなんですけど、どこをどう調べても仮審査時間の事が載って無くて、実際のところどれくらいの時間がかかるのかがわからないんです。

みずほ銀行は仮審査の時間を具体的表示にはしていません

みずほ銀行って、仮審査の時間がだいたいどのくらいっての、どこにも書いてないよ。早めのお返事というイメージは伝わってくるけど、どの資料にも小さい文字で、状況によってはお返事が後日になる可能性がありますって書いてある。だから、他社でよくあるような3秒審査とか、10秒審査なんてことではないんだよね。それで、みずほが他社と違うところは、仮審査を通過したら、ほぼ契約まで行けるってところ。
(⇒カードローンの仮審査についてもっと詳しく知りたい方にオススメ

最期まで審査の事を「仮審査」って表現してる気がするよ。よくある消費者金融みたいに、スコアリングシステムで顧客の属性を確認してるんじゃなくて、もう仮審査の時点で個人情報は確認済みみたいなんだよ。だから、いわばそれが本審査というかね。消費者金融の仮審査は、個人情報までは確認しないから数秒で仮審査結果が出るだけなんだよね。あれは、一般的にいえば「通過です」「否決です」ってトコだね。

現在のみずほ銀行は、他の金融機関とは一線を画していて、間違いない顧客だけがうちを利用してくれたらいいよ。というふうに見えるね。少しも無駄は出したくないって感じかな。(こちらもご参考に→みずほ銀行カードローンの特徴を教えて!)返済を滞納する顧客がいれば、その回収に当たらなきゃなんない職員が出てくるわけで、まあ、そこは保証会社にさせるのかもしれないけど、1~2回の滞納なら銀行が直接何とかしようとするはずだから、それに手をとられるのも嫌なんだと思う。

そんな消費者は要らないってね。だから取引停止の決断も早いし、増額のお願いをしたら、その時の審査で停止になる場合もあるんだ。さすが銀行!だけど、みずほは銀行の中でも断トツ意思がはっきりしてると思う。みずほ銀行の住宅ローンの場合も、事前審査で会社に在籍確認するし、自宅にも連絡が入ったりするから、みずほの場合、仮審査や事前審査はもう本域なんだよね。

最初から本域で取り組んでくれる方が消費者としても結果が早くて良いと思わない?私はそんな方が好きだけどな。住宅ローンの事前審査は、申し込みから5営業日を目処に電話か郵送で審査結果を連絡してくれるみたいだから、契約完了までは全部を「仮」とか「事前」と呼ぶのかもしれないね。でも一応住宅ローンにも正式審査という項目はあるんだよ。どんな線引きしてるか素人にはわかんないってことかな。でも、今現在みずほ銀行のカードローンが利用できてる私は、まあ、不安定ではないんだなって思えるよ。

【参考ページはこちら】
みずほ銀行カードローンの本審査に落ちそう…どうすればいい?

みずほ銀行カードローン仮審査時間は最短即日回答!

みずほ銀行口座を持っている場合であれば、最短即日で利用が可能となる、みずほ銀カードローン。また、口座を持っていない場合でも、みずほ銀行カードローン仮審査時間は最短即日で回答の連絡が来ます。申し込み方法も非常にシンプルで、インターネット、パソコンまたはスマートフォンを使用し、審査結果もメールで回答が届きます。その後、本申込書類が届き、記入し返送、口座の開設となります。メールアドレスが必要となりますが、もしアドレスを持っていない場合は、みずほ銀行カードローン専用ダイヤルでの申し込みも可能です。

申し込み基準として、年齢が満20歳以上、66歳未満、安定した収入がある事がベースとなってきます。このカードが広く知られているポイントとして挙げられるのは、やはり最高限度額が1,000万円まであがったという事でしょう。都市銀行の標準的なカードローンでは数少ないケースです。最高金利も低くなっている点、200万円以下の定額の借り入れに関して収入証明が不要というところもポイントです。専業主婦で申し込みを希望する場合も、配偶者に収入がある場合は可能となります。(こちらもご参考に→カードローンを利用しやすい職業ってあるの?

上記で挙げた様に限度額が高く、低金利という事は大きな買い物、まとまった借り入れに非常にプラスだという事がわかります。そのことから、複数のローンを一本化する為のおまとめローンに使用したり、マイカー購入に充てるなど用途は非常に様々です。

借り入れに関して、全国のみずほ銀行、ゆうちょ銀行、提携金融機関やコンビニATMを利用出来るのも、利便性が高く、さらにローン専用カード以外、兼用型のカードでは自動貸越機能がついています。この自動貸越機能とは、キャッシュカード兼用で、普通預金を引き出しする時、残高不足となった場合に限度額内でカードローン口座から自動的に貸越が出来るというものです。返済方法は、毎月10日に自動引き落としですが、任意返済で随時ATMにて返済する事も可能となっています。大手の銀行カードローンで非常に利用しやすいのが魅力です。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ