> > > ブラックでも通るカードローンってありますか?

ブラックでも通るカードローンってありますか?

実は6年ほど前に当時抱えていた消費者金融からの借金が払えず過払い金請求をしてどうにか借金を減らしました。それから3年後に完済して現在に至りますが、再び経済的に厳しい状態になり借入を希望しています。しかし、おそらく現在はブラックだと思うので審査が心配です。ブラックでも通るカードローンってありますか?

ブラックといってもいろいろありますので、、、

質問者様は過去に任意整理をされているということですね。自己破産せずきちんと完済したというのはえらいと思いますよ。ただ、やはり過払い金請求をしたということでそのことは信用情報に記録されていると思います。信用会社が管理する金融関係の個人情報は返済の遅れ、債務整理、自己破産、現在の借入、申込などについて事細かに記録されていると言います。信用情報に問題がある人のことをブラックといいますが実際にはブラックリストが存在するというわけではなく、返済見込みの低い人物という意味で俗にブラックと呼ばれているわけです。

ブラックでも通るカードローンはほとんどありません。銀行や信販会社のカードローン審査では過去に任意整理をしたことがあればまず審査に通るのは難しいと思います。過去の返済事故は完済後5年は残ると言われています。質問者様の場合、3年前に完済したということなのであと2年は待たなければなりません。そんなに待てないというのが現状だと思います。大手消費者金融の場合はどうでしょうか。多少の返済の遅れや他社からの借入があっても審査に通る可能性はあります。しかし、任意整理や自己破産ということになりますと借金を返さない人物と判断されても仕方ありません。

ただし、中堅の消費者金融の中には信用情報に問題があってもお金を貸してくれるところがあるようです。たとえばアローやフクホーなどの消費者金融では債務整理や自己破産で借金がなくなった人の方が現在多重債務に陥っている人より返済見込みが高いと考えるようです。状況によると思いますが、質問者様が現在の借金がゼロであるなら審査に通る可能性はあると思います。

一方で気をつけてほしいのがヤミ金です。ヤミ金とは違法な貸金業者のことでブラックでもOKや審査なしという宣伝文句でお金に困っている人を誘います。ネット上で勧誘していますので騙されないようにしましょう。危険とわかっていても他に選択肢がなくつい借入してしまう人が後を絶ちません。暴力団などと関係している場合が多いのですぐに専門家に相談した方がいいかもしれません。
(⇒審査が甘いカードローンは余裕があるなら使わない方が良い?

ブラックでも通るカードローン。そんなの、あるの?

起業したい、と考える若者が増えていると言います。混迷した日本経済を根本から変えるムーブメントとして、歓迎すべきことでしょう。今や、会社設立においても、以前に比べるとだいぶ規制緩和が敷かれるようになりました。若くても、資金が少々厳しくても、形の上では会社を設立できるようになったのです。

しかし、若い人たちには、仕事以外にも、色々な活動があります。その一つが、恋愛でしょうか。仕事一辺倒の男性を、かっこいいとする女性も少なくありませんが、これから先、結婚を前提とした場合に、そのかっこいいという感覚も、徐々に薄れてくるでしょう。現実を考えて欲しい、と。

確かにそうです。現実に、結婚するしないにかかわらず、生きていくにはお金がかかるのです。夢ばかり追い求めていては、パートナーが困ります。でも、男性のそうした夢を、潰したくないという思いもあるでしょう。

起業する人は、何が一番困るのかというと、事業が軌道に乗るまでの生活資金です。軌道に乗ってからは問題ないのですが、それまでの間、人によっては2年や3年の間、営業先をすでに十分に確保している人でもない限り、生活は厳しいものとなるでしょう。社長でありながら、夜はバイトに出る、と言った人も少なくありません。

そうした状況に対応するのが、カードローンです。カードローンがあれば、生活に必要になったとき、必要な分だけ、ATMなどから引き出しができるのです。ただし返済はもちろん必要なので、計画的に借りることが重要です。カードローンで、事業開始当初の大変な時期を乗り越えて、大きな成功を手に入れたいですね。

ところで最近、ブラックの人でもカードローンが通る、という噂があります。このような類の噂は、かなり怪しいといわざるを得ないでしょう。貸すほうにしても、リスクのある人には貸せません。それでも本当に通ると言うならば、怪しい業者である確率が高くなるでしょう。起業という夢に向かって、まずは現在の会社に在職中に、きちんと信頼できる業者にカードローンの申請をしておきましょう。

【参考ページはこちら】
カードローンを利用する前に審査基準もチェック!

新着記事
カテゴリー
ページトップへ