> > > 審査の甘いカードローンでおすすめはあるか

審査の甘いカードローンでおすすめはあるか

銀行のキャッシング審査に落ちちゃったんで民間の消費者金融から借りようと思ってます。審査が甘い消費者記入ってありますか?

大手消費者金融ならお勧めです

銀行の消費者金融を受けたということはそれなりに審査に自信があったということでしょうか?その結果落ちたとしたら細かい条件で落ちたと思われます。と言うことはそんなに大きくランクを下げなくても大手の消費者金融なら借り入れできる可能性は高いでしょう。

そもそも、今、大手と言われる消費者金融は銀行がバックについている銀行系の消費者金融が多いです。その中でもプロミスやモビット、アコムなどはかなり大きな銀行がバックについていますので審査もゆるめ。致命的なマイナス要因がない限り、貸してくれる可能性は残っているでしょう。銀行ほど審査が厳しくなく、使い勝手も良いことが多いため、大手消費者金融はかなりおすすめの金融機関です。銀行でダメならこういうところから借りるようにしたいものですね。

絶対に審査に落ちる自信がある!と言うほどダメダメポイントが多い人、大きい人は知名度の引く消費者記入に頼らないといけません。ただ、こういった消費者金融は審査が甘い半面、契約内容がハードだったりするので必ずしも借りてよかったと思えるとは限らないのが難点です。また、違法消費者金融である闇金もまぎれていますので、見分けるのも大変。まずは大手の消費者金融に申し込んでみることから始めるべきでしょう。

【参考ページはこちら】
自分に合ったカードローン会社の探し方が知りたい!

審査が甘いおすすめなカードローンはあるのか

同じカードローンでも銀行系と消費者金融系では、審査の基準が違ってきます。比較的、消費者金融の方が審査が通りやすいといわれています。銀行系の場合、年収の3分の一までしか貸せないという総量規制の回避策として、銀行が窓口になってカードローンを販売していますが、保証会社は消費者金融や信販会社が行っています。そのため、審査のときには窓口である銀行と、保証会社も行うので審査の時間も長くなり、自然と基準も厳しくなります。その代り、金利が低くなっています。

また、消費者金融系は一社のみで審査を行うので時間も早く、審査も甘いですが、多少の債務不履行が起こった時でも対処できるように金利が高めに設定されています。金利が安いと審査が厳しくなり、金利が高くなると審査が甘くなってくるわけです。

また、審査が甘いといわれる消費者金融系でも、甘いところと厳しいところがあります。ここでも、やはり甘いところは金利が高めに設定されていて、厳しいところは金利が低めに設定されています。

では、おすすめなカードローンとはどこになるのでしょうか。これは、はっきりとこの会社がおすすめですとは言いにくいです。
審査が優しいところは、金利が高めになっていますし、審査が厳しいところは金利が低くなっているので、どちらを最も優先させるかで変わってきます。例えば、金利が低めなところが良い場合は、自然と審査の厳しいとこになりますし、審査が優しいところが良い場合は金利が高いところになります。

カードローンはあくまで借金なので、多くの人は出来れば低金利で負担が少ないところが良いと考えます。その上で、審査も通りやすいところとなるとかなり選択が少なってしまいます。そこで、最もおすすめなのは、比較的審査が通りやすいといわれているところで、その上で金利もある程度低く設定されているところを選んでいくことです。また、審査を通りやすくするために、より条件のよい仕事に就いたりしていくこともよいでしょう。
(⇒カードローンを利用しやすい職業って何がある?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ