> > > カードローンの仮審査と本審査の違いはなに?

カードローンの仮審査と本審査の違いはなに?

カードローンには仮審査と本審査がありますが、違いについてはどのようになっているのでしょうか?

仮審査はあくまでもカードローン作成前までです

仮となっている通りなのですが、仮審査まで進めたとしてもカードローン審査には通っていません。では、どうして仮審査があるのかというと、そうしないと仮審査と本審査までで時間がかかってしまうからです。人によっては、仮審査まで進むことができない人もいます。そのような人は、仮審査と本審査の違いを理解してカードローン作成をするというわけです。

仮審査はすぐに審査が終わりますので、本審査が無理・・・とわかったのであれば、他のカードローン会社のものでカード作成ができるというわけです。ちなみに、本審査については何度も審査落ちしていると、ブラックリスト入りのような扱いを受けてしまいます。つまり、本審査しかないカードローンとは、なんのメリットもない審査となっているのです。現代では、マニュアル化が進んでいるので、ほとんどの業者で対応してもいません。

次に、仮審査の時間についてですが、今ではシミュレーション対応されるようにもなっています。なので、時間についてはシミュレーション完了までとなるので、時間にして30秒程度で終わるものもあります。また、仮審査が存在する他の理由についてですが、それは仮審査は本審査と違い基本的に厳しい審査をしていないという違いがあるからです。つまり、仮審査を突破しておけば次からもすぐに審査が終わりますので、忙しくてカード作成ができないサラリーマンから重宝されるという特徴があるのです。

【参考ページはこちら】
カードローンの仮審査に関するオススメ記事をチェック!

仮審査本審査違いカードローンをきちんと理解して手続きを順調に進めるには

日常生活の中で急な出費に頭を悩ませることはよくあるものです。自宅の家賃やその他の生活費の支払いから、会社の同僚や友人との飲み会の会費捻出、さらにはファッションアイテムの購入費や忙しい毎日の中でのちょっとした気分転換の旅行費用などなど、その可能性は数限りなく存在します。しかし問題のお金はというと、いつも都合よく潤っているわけではなく、時にはどうしようもなく残金が不足してしまうこともあるでしょう。そのような時には銀行や消費者金融のカードローンを活用することで、的確にピンチを乗り越えたいものです。

ただし、このカードローンを利用するにあたっては審査をクリアしなければなりません。そこには仮審査と本審査という二種類の審査が存在します。まずは仮審査とはインターネットの公式サイトなどで年収や現在の借り入れ総額などを入力することでワンタッチで借り入れ可能かどうかの結果が表示されるシステムのこと。これはすべて自動回答となっており、コンピューター上にプログラミングされた基準によってその結果が分かる仕組みとなっています。もちろんこれはひとつの目安でしかなく、この後、本格的に融資を目指すのであれば本審査へと進む必要があります。

本審査とは金融会社の担当者がひとつひとつの事案を目で見て確かめて、融資可能かどうかを判断していく再収穫人作業のことです。その確認内容も数多く、まずは申請内容の中でも職業や年収などに注目して借り入れの可否を判断し、その後、信用機関への確認を通じて過去の借り入れに問題が無かったかをチェック。

さらに勤務先への在籍確認を行って、その人物がほんとうにその企業に務めているのかの裏付けを取ります。これで本審査の過程はすべて完了。この後、すぐに申請者に連絡が及び、カードローン利用が可能となるのです。

このように、仮審査本審査違いカードローンを把握することによって、それぞれの段階における心の準備と、自分がいまいる段階をつぶさに理解できるようになり、順調に借り入れ手続きを進めていくことが出来るでしょう。
(⇒カードローンの仮審査と本審査の違いとは

新着記事
カテゴリー
ページトップへ