> > > カードローンの仮審査後には何があるのか

カードローンの仮審査後には何があるのか

カードローンは申し込みが簡単で、保証人や担保が必要ないので、ほとんどの人がその審査を通ることができます。インターネットで色々なカード会社を調べ、自分の状況と借りたい金額の兼ね合いを考えていくつか、または1つの会社にローンの申し込みのため手続きを始めます。(こちらもご参考に→様々な金融機関の中から自分に合ったカードローンを探す方法

まず初めに昔と違いインターネットで仮審査を受けます。申し込みたい会社のインターネットのホームページにアクセスして、その画面から仮審査を受けられるあとは画面の指示に従って、入力を進めていきます。そうすれば、第一の申し込みは完了します。そして、仮審査が通るとカード会社から用紙が送付されるのです。その用紙に従って記入をしていきます。そして、身分証明、収入証明のコピーを同封して、カード会社に送り返します。そうすれば手続きは完了します。

しかし今は、インターネットだけでの手続きで本審査まで完了できるのです。それは、カード会社からは郵送物は受け取る事なく、入力で済む部分は入力画面で入力して、仮審査が完了したことはメールで受け取る。その上で、身分証明書、収入証明書を申し込みする側がコピーを提出する。何が必要かは、ホームページ上に明記されています。書類の提出枚数は多くなります。なので収入証明のようなものは近々のものは数枚保管しておくことが大切になります。

このように仮審査の後には必ず本審査が必ず行われます。そして、仮審査はあくまでめあすなのです。なので、仮審査の条件は甘くなっています。なのでその後にしっかりと厳しく審査をする必要があるのです。本審査があることにより、貸す側はある程度の信用を持ってお金を貸す事が出来るのです。

カードローン仮審査後の本審査をクリアして初めて融資が可能となる

私たちの日常生活は思いがけない出費の機会で満ちています。生活費の支払いから、会社の飲み会などの交遊費、気分転換のリラクゼーション費、怪我や病気に伴う治療費、それに旅行やファッションブランドの購入に至るまで、様々な局面でお金の必要性にさらされるものです。こうした時にもしもお金が不足してしまったなら、銀行や消費者金融でカードローンを利用すると迅速に融資金が得られて便利でしょう。

カードローンの利用にあたってはまずネットや電話、自動契約機、店舗窓口などで申し込みを行わなければなりません。その上で金融会社の担当者による入念な審査を受けた上で、最終的なカードローン利用の可否が決定されるのです。もしも手元にスマートフォンがあったり、あるいは自宅にパソコンがあれば、そこからアクセスできる公式サイト上に仮審査が受けられる場合があります。これを活用すれば簡単な年収や他社からの借り入れの有無などの簡単な情報を入力するだけでコンピューター上にプログラミングされた自動診断によって、大まかな審査結果を予測することが可能です。

ただし、カードローン仮審査後に待っているのは、今度は本審査です。仮審査では単なる数字や条件を打ち込むだけで後は機械的な答えが得られるだけでしたが、本審査では担当者の目を通してひとつひとつの事例が精査されることになります。職業や年収などからその申請者にどれくらいの経済能力があるのかを割り出したり、信用機関への問い合わせを通じて申請者が過去に返済不能に陥るなどの何らかのトラブルを起こしていないかをチェック。

さらに自宅への電話確認会社への在籍確認を通じて、申請内容に虚偽や誤りがないかどうかをきちんと裏を取ります。こうした審査がすべて問題なく完了した時、はじめてカードローンの利用が正式に可能となるのです。

もちろんこうした背景がありますので、最初の仮審査で借り入れ可能との予測が出たとしても、後の本審査でその答えが覆されるケースは数多く存在します。その意味でも仮審査はあくまで目安として見ておいた方が良いでしょう。

【参考ページはこちら】
カードローンの仮審査信頼度は?本審査に受かる確率は?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ