> > > 仮審査が通ったカードローンがあっても審査に通らない事があるの

仮審査が通ったカードローンがあっても審査に通らない事があるの

お金を借りるためには、必ずカード会社またはローンを組む会社の審査を受けなければいけません。これに通らなければお金を借りることは出来ません。

カードローンの審査を受けるときに、本審査を受ける前に今はネットで簡単に仮り審査を受けることがあります。これをすることによって、本審査を受ける前にあらかじめ審査が通るかどうかを知ることが出来ます。仮審査が通ったらほとんどの人が本審査も通りますが、まれに通らない場合があります。では、その原因は何でしょうか?
(⇒なぜカードローン審査に通れないのか?気になる方はこちらへ

その原因の多くは証明書類の不備と言われています。仮審査ではネットの画面に指示された項目に打ち込みをするだけなので、何かを提示することはありません。本人確認書類としては何が必要か?収入などの証明には何が必要か?などしっかりと調べなくてはいけません。分からなければ電話で問い合わせるとより確実性は上がります。そしてあたりませと言えば当たり前なのですが、他の会社から借り入れが有る場合それを隠した場合信用を無くすので通りません。

また、複数の会社から借り入れをしていたり、キャッシングの経験があると落ちやすいと考える人もいるようですが、それも状況によります。借り入れの限度は総量規制で収入の3分の1を超えての借り入れを認めていないので、それにあたらなければ数社なら問題ないです。あまり複数の会社に借り入れることは良くないですが。またキャッシングの経験があっても期限内に完済していれば逆に、しっかりと返済できる人間と判断されて評価が上がります。

仮審査で通ったときは、必要なものに不備がないか、正直に審査項目に答えているかを確認すればほぼ通るようです。

カードローンがあっても仮審査が通った方について

他社のカードローンがあってもカードローンの仮審査が通ったと喜ぶ方が増えています。現在のカードローンの多くは他のカードローンがあっても借入額と借入件数が問題ないと判断できれば審査は通ることが多くなっています。カードローンの審査は一般的に収入と借入状況のバランスで審査されます。

特に借入状況については法的制限が消費者金融には課せられていることもあり、慎重に審査が行われることが多いようです。消費者金融に課せられている法的制限は個人に現金を貸し出す際は総収入の3分の1を超えてはならないという法律です。この法的制限は金融機関には当てはまりませんが、金融機関では消費者金融のサービスと代理販売していることもありますし、金融機関のサービスや融資でも消費者金融が保証を担当していることも少なくありません。

消費者金融が保証をしている場合には金融機関のサービスでも法的制限に適用されます。借入額法的制限に抵触しない場合には総所得と借り入れ金額から借入可能額が設定されます。借入可能額は申請した時点でも金額であり、収入が上がったり、借入額が減った場合などには増枠が可能なカードローンが多いようです。借り入れ額と収入の他に審査で重要視されるのが借入件数と言われています。

借入件数は月々の返済に強く影響するので審査の際社内規程で制限を設けている会社が増えているようです。法的制限はないので借入件数の判断は個別の会社によってかなり違います。借入件数の影響は例えば50万円を1件で月に2万円返済している場合と5件で50万円借りて月に10万円返済している場合ではまったく違ってきます。そのため、収入も借入額も問題がなくても、借入件数が多すぎると判断される場合は仮審査が通らないことも多いようです。

借入件数についてはおまとめローンなどを利用すれば復数のカードローンなどを1つに纏められます。返済期間は長くなりますが、月の支払いが減りますので生活に余裕が生まれ、審査にもいい影響が多いようです。
(⇒自分に合ったカードローン会社の選び方を教えて!

新着記事
カテゴリー
ページトップへ