> > > これって大丈夫?銀行カードローンの仮審査中に他社で借入

これって大丈夫?銀行カードローンの仮審査中に他社で借入

先日、銀行のカードローンの仮審査中に他社で借り入れをしていたことを思い出したのですが、隠すとどうなるのでしょうか。

審査では真実だけを申告しましょう

カードローンの審査の基準は、年齢、収入、借り入れ状況がメインになりますので、他社からの借り入れがあるのであれば、借り入れ金額、借入日、返済日などを詳細に申告しましょう。他社からの借り入れがあるからと言って、審査で落とされるとは限りませんし、100万円以上の借り入れがある場合には、収入証明書を提出すればいいので、隠す必要はありません。

また他社からの借り入れを隠し通すことはできません。全国の金融機関が加盟している信用情報機関が、借り入れに関する情報を保存しているので、金融機関が情報の開示請求をすれば、借り入れの事実はすぐにばれてしまいます。虚偽の申告がばれれば、審査に落ちる可能性は高くなりますし、詐欺罪で告訴されることもあるので、注意しましょう。

ただ3社以上からの借り入れをしていると、審査に落ちるだけでなく、多重債務に陥り、延滞者になる確率が高くなります。長期延滞者は、ブラックと呼ばれて、クレジットカードが作れなかったり、ローンが組めなくなります。銀行の審査は厳しいのですが、総量規制の対象外なので、多額の借り入れが可能になりますし、金利が低いというメリットもあります。それでも柔軟な審査を求めるなら銀行系の消費者金融がおすすめです。(こちらもご参考に→銀行系カードローンの魅力ってどんなところ?

【参考ページはこちら】
カードローンの審査基準ってどうなってるの?

銀行カードローン仮審査中に他社で借入している額をチェックするのか?

銀行カードローンですが、審査方式が銀行が融資を受けられる条件を満たしているかを審査して、その審査に合格すると次は保証会社が、申込者に融資した分の返済を保証出来るかを審査します。それで銀行の審査が通っても保証会社の審査が通らないとカードローンを借りられないようになっています。だから銀行の審査を仮審査と言い、保証会社の審査を本審査と言います。
(⇒カードローンの仮審査から本審査まで、誰でも通れるの?

まず銀行の審査は、属性から審査します。名前、生年月日、住所、電話番号と個人情報をチェックして住んでいる場所が実在するかなどチェックします。そして他社で借入している額も当然チェックします。しかしこれは自己申告分をチェックしているだけで本格的なチェックじゃありません。

それでも年収300万円で他社借入総額300万円と記載されていたら、これで落とします。だから仮審査と言われて誰でも通ると言われていますが、書類審査でも落とされる人は落とされます。

銀行カードローンは、年収は自己申告でさほど常用視されておらず、何百万まで収入証明書不要と宣伝されるくらいです。しかし他社借入は、銀行審査は自己申告ですが、保証会社の審査ではきちんと調べられます。だから自己申告で少なく見積もって銀行審査をすり抜けても全く意味が無いです。

保証会社は申込者の他社借入状況を信用情報機関に照会して調べます。それで他社での借入状況がすべてわかります。保証会社できちんと調べるから、銀行の審査は仮が付くほど軽い審査になるわけです。銀行の審査が本格的になるのが本当なんですが、経費削減で、そういう面は保証会社に一任になっています。

銀行カードローン仮審査中に他社で借入している額をチェックはしています。それで銀行は、借入額が多い人には融資をお断りしています。しかし当然少なく自己申告する人は居るわけで、そういう人は保証会社の審査で明らかなって、審査で落とされるようになっていますから、銀行的には何も問題無いようになっています。(こちらもご参考に→もしカードローン審査に落ちたら再度申込みしてもいい?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ