> > > 本審査なら通ってたんじゃないの?カードローンの仮審査とは?

本審査なら通ってたんじゃないの?カードローンの仮審査とは?

転職して収入が減り、少しお金を借りたいと思いましたが、仮審査に落ちました。仮審査って審査をする前に適当に簡単に審査してしまうんですよね?って事は、本審査でしっかり審査をしてもらった方が有利になる事も多いんじゃないかと思いました。本人証明も収入証明も在席確認も何も出してない状態で落とされて、もっとちゃんと審査して欲しいです。カードローンの仮審査とは何の意味があるのでしょうか?

何も出してない状態で落ちたなら、出しても落ちますよ!!

仮審査の中身というのは貸金会社によって様々であり、どこまで審査をしているのかは分かりません。本当に簡単な審査だけのところもあれば、ほぼ本審査と変わらないような審査をしているところもあります。ただ、どちらにしても、仮審査すら通らなかった人が本審査に通るという事は考えられません。

何も提出していな状態でなぜ落ちたのか。あなたが誰で、本当にそんなに収入があるのかどうか、そもそも働いているのかどうか、何も分からない時点で審査に落ちたんです。これは逆に言えば、あなたがどんなに大企業に勤めていて収入が良くても貸せないという事でもあります。どんなに良い条件を提出しても、あなたには貸してくれないのです。更に逆に言えば、提出すれば細かい情報も分かり不利になる事も多いでしょう。

仮審査では匿名(名無し)や職場名などは必要ない事も多いです。年収がいくらで何円借りたいのか、勤続年数は何年で他社の借入がどれくらいあるのか。この程度が多いでしょう。誰でも、どこで働いててもダメな時はダメなんですよね。借りようと思っている金額が多すぎるか、年収からして借りれない金額なのか、他社借り入れがあり過ぎたのか、勤続年数が基準に合っていないのか、何が原因かは分かりませんが、たったこれだけの情報でも貸せない基準なのでしょう。

もっと詳しい情報で仮審査を行う場合もありますね。この場合、仮審査で保証会社と契約できるかを見ている事も多いです。私たちが保証会社と直接契約をするという事はカードローンではありませんが、カードローン会社が保証会社と契約をしています。保証会社の保証を受けれない人、簡単に言えば保証会社の審査に落ちてしまう人は、いくらカードローン会社の審査がOKでもお金を貸す事はできません。なので、仮審査で保証会社の審査をして落ちてしまえば仮審査も落ちる事になるでしょう。

あなたの言うように、年収から貸せるか貸せないかを判断するだけの簡単な仮審査もあれば、本審査と変わらない、仮審査に通れば本審査もほぼ心配ないという仮審査まで様々なのです。最初にも言いましたが、仮審査に通らない人は本審査には通りません。これは仮審査の簡単さは関係なく、全ての仮審査に言える事です。

あなたが簡単過ぎる適当とも取れるほどの仮審査に落ちたのなら、厳しい言い方になりますが、そんな簡単な審査にも落ちてしまう人だという事になります。提出物を見るまでもないという事です。それが納得いかないなら仮審査を飛ばして本審査を受ければ良いと思いますが…。転職した後の審査は慎重になります。分かりませんが、あなたの場合は転職が引っかかっているようにも感じます。収入が減った、勤続年数が少ないとなると、お断りになるケースも少なくないと思いますよ。もう少し勤続年数を稼ぐと対応も変わってくるかもしれません。

【参考ページ】
カードローンの仮審査に関するオススメ記事はこちら

カードローンの仮審査とは本審査に進む前の結果の目安を知るためのもの

毎日の暮らしにおいて急にお金が必要になったり、また降って湧いたお金の支払いに困窮してしまったりした場合に、銀行や消費者金融の借入ローンは大きな助けとなってくれます。中でもその借入方法としてカードローンは手続きが簡単で、なおかつ融資スピードも速く、申し込んだその日の内には即日融資が実現できるという頼もしい味方です。当日中やその翌日にでもお金の支払いが差し迫っている時でも余裕を持って手続きを進めることが出来るはずです。

そもそもカードローンとは個人カードを発行することによって、融資の必要な時に近場のATMを訪れて画面操作を行えばすぐに現金を引き出すことができるというもの。最近ではコンビニチェーンと提携しているカードローンも多く、24時間いつでも融資金を手に出来るので、利用者の間で満足度が高まってきています。

これらのカードローンを利用するにはまず然るべき審査を受けなければなりません。この審査には二種類のものがあって、ひとつは仮審査、そしてもうひとつは本審査と呼ばれています。カードローンの仮審査とは、たとえば自宅のパソコンや手元のスマートフォンなどで金融会社の公式サイトを開いた際にごく簡易に受けることのできる融資審査のこと。

ここでは年収や、現在の他社での借り入れ金の有無などを記載して申請することで、30秒程でその結果が表示されることとなります。この時に表示された結果はあらかじめネット上にプログラミングされた基準に照らし合わせた上でコンピューターが自動的に算出しているもの。それゆえ、あくまで借り入れを行う際の目安としてのみ機能することとなります。

もしも本当に借り入れを行うのであれば、この先、本審査へと進む必要があります。本審査では今度は金融会社の担当者がきちんと自分の目で確認して審査を行いますので、自動回答だった仮審査とは大きく結果が異なってくる場合もあります。また、信用機関への問い合わせによって、過去の借り入れ履歴なども反映されますので、これによって結果が覆る可能性もあります。いずれにしても仮審査はあくまで本審査へ進む上での窓口と考えた方が良いでしょう。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ