> > > 仮審査って必要なの?仮審査のあるカードローンのメリットとは?

仮審査って必要なの?仮審査のあるカードローンのメリットとは?

消費者金融でも銀行でもカードローンなどのお金を貸してくれるサービスを提供しているところでは仮審査があると思うのですが、意味があるのでしょうか?仮審査をしても本審査は絶対に必要ですし、仮審査に通っても本審査で落ちるならば意味がないように感じます。いきなり本審査の方が仮審査がない分、早く進みそうで利用した事もありません。仮審査のあるカードローンのメリットって何ですか?

是非、仮審査しましょう!仮審査に落ちた時がメリットです!

自分では審査に落ちる事はないと自信を持っていたとしても、意外な落とし穴がある事もあるカードローンの審査は、誰もが受けていた方が良い審査です。仮審査に通った時のメリットは本審査も通るかもしれないというだけの事ですが、もし仮審査に落ちてしまった時には色々なメリットがあります。(こちらもご参考に→カードローン仮審査についてもっと詳しく!

まず、仮審査は申し込みをしたという情報が保存されません。本審査になると申し込み履歴が保存されます。どこかにお金を借りたいと思っていて、もし審査に落ちた後に別の会社に審査をするのも時間がかかるし面倒だという時、一気に数社に申し込むという人も多いでしょう。5件申し込んだとします。

仮審査に申し込みをした場合は、仮審査を通過して本審査に進んだ場合のみ本審査に進みます。5件全てを通過したとして、全て本審査に進める必要もないでしょうから、どこか選んで本審査をする事になるでしょう。もし5件全てを本審査してしまった場合は別ですが、仮審査の状態では履歴は残らず、信用情報もキレイなままです。

仮審査をしないで本審査に申し込みをした場合は、審査に通っても落ちても、とりあえず申し込みを一気に5件したという記録が残ります。同時に申し込みをしている状態から見ても、審査に通る事は少ないと予想されます。3件以上の本審査の申し込みは申し込みブラックになり、貸金会社から避けられる該当になります。

仮審査に通らないという事は、本審査に通る事はありません。本審査になると、本人確認書類を用意したり、捺印が必要になったりと、必要になる書類も違ってきます。紙切れ1枚と思うかもしれませんが、数が集まれば無駄な経費です。最近は写メを送信などでOKな事も多いですが、コピーして郵送する場合などはコピー代や郵送代が無駄になります。仮審査をしておけば、無駄なお金をお互いに使わないで済む事も多いのです。

また、仮審査である程度の審査を通過している方が、本審査もスムーズに進みます。これはあなただけでなく、他にも審査結果を待っている人にとっても早くなるんです。ある程度の計算をお金を用意してレジに並んでいる人ばかりの列と、レジが終わって金額を確認してから財布を取り出す人ばかりの列なら、どちらが早く順番がくるでしょう?本審査で1から審査をするよりは、ある程度終わっていて、確認するだけの方が早いに決まっています。

仮審査のメリットの一部を書きましたが、どうでしょうか?特に本審査をして申し込みブラックになると、この後しばらくは何処に申し込みをしても審査に通らなくなってしまいます。仮審査に落ちれば無駄な本審査を受ける必要もなくなります。仮審査は落ちた時こそメリットな理由はお分かりいただけましたか?
(⇒申込みブラックでも審査に通るカードローンを使いたい!

住宅ローンなどでない限り、仮審査は必須ではない事も多いです。ですが、ほとんどの貸金会社のカードローンにて仮審査は行っていますので、次からは仮審査を行うようにしてみてはいかがでしょうか?特に他社借り入れがある人、過去に事故があった人は仮審査をしておくべきです。

【参考ページはこちら】
カードローンの審査基準ってどうなってるの?

仮審査のあるカードローンに申し込むときに注意すること

カードローンによっては仮審査を受けることができるものがあります。これは、正式に申し込みをする前に、審査に通るのかどうかを事前に判断するためのものです。これを利用すれば、正式に申し込みをする前に結果を知ることができますからメリットは大きいです。

まず、申し込みをして審査に落ちた場合、それが原因で他のカードローンにも落ちやすくなります。それを何度も行っていると、申し込みをしてもなかなか通らないことにもなりかねないのです。ですから、落ちると分かっているのなら申し込みをしなければ良いのですが、普通の人は申し込みをしてみないと審査に通るのかどうかが分からないでしょう。このようなときに便利なのが仮審査です。

仮審査のあるカードローンを利用するときには、まず正式に申し込みをするのではなくて仮審査にに申し込みをします。仮審査で通ってから正式に申し込みをすることになるのです。仮審査に落ちた場合には、正式に申し込みをしても審査に通ることはありませんから、申し込むべきではないでしょう。

ただし、注意しておかなければならない事もあります。仮審査に通ったとしても本審査には通らないことがあります。ですから、というのも、審査が行われる内容が異なるからです。本審査の方が仮審査よりも詳しく審査が行われますから、仮審査に通ったとしても本審査に通らないこともあるのです。例えば、信用情報の調査は、仮審査では行われないのですが、本審査ではたいていは行われます。(こちらもご参考に→カードローンの仮審査でも信用開示されてるの?

ですから、過去に滞納をした事があるなど、事故情報が登録されている人の場合には、信用情報としてこれらの情報が登録されています。仮審査の時には信用情報の調査は行われません。しかし、本審査では行われます。ですから、仮審査には通ったとしても正式に申し込みをして本審査が行われたときには、信用情報に問題があることが発覚し、それによって審査で落ちます。このようなことは事前に知っておきましょう。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ