> > > 銀行カードローンの仮審査の時間ってどのくらいかかるの?

銀行カードローンの仮審査の時間ってどのくらいかかるの?

銀行系のカードローンを利用したいと考えています。カードローンは今、ネットから手軽に申し込めて便利と聞きました。そこで、審査について、聞きたいことがあります。ネット上での審査は、とても早いと噂ですが、どの位でできてしまうものなんでしょうか?また、それに通れば、即融資してもらえるのでしょうか?

ネット上のスピード審査は数秒~数十秒で結果がわかります!

インターネットの技術が発達してから、カードローンの申し込みもネット上でできるようになりました。そして、驚いたことに審査もネット上でできるようになったのです。審査時間は各社まちまちですが、早いところでは3秒なんてところも出てきています。少し誤解を解いておきます。このネット上の審査は、あくまで仮審査ということです。ここで、通っても即融資という事にはなりません。後々、本審査があって、それを通って、晴れて融資という事になるのです。

では、この仮審査、何のためにあるのでしょうか?例えば、カードローンを利用したい人にとって、色々な個人情報を提供した後に、審査に落とされるのは嫌ですよね。仮審査は、カードローン会社と利用者双方の時間の短縮と、煩わしさを削減するために大変役立っているのです。簡単な申込欄に記入して、30秒待つ、これだけで仮審査は終了します。

こんな短い時間で何が分かるんだ、と疑問の方もいるかもしれません。しかし、仮審査はコンピュータが全て自動審査しています。具体的には、申請者の現在の借入件数や、事故履歴情報などを、瞬時に信用情報機関などに照会しているのです。この段階で、申請者が自己破産していたり、借入を4社以上に行っていたりすると、自動的に融資対象外になります。

無事仮審査が通ると、次は本審査です。本審査は、人の手が入ります。居住確認や職場への在籍確認などが行われ、問題なければ、めでたく融資OKとなるのです。ここで、気を付けなくてはならないのが、仮審査と本審査における情報の相違です。当たり前ですが、仮審査で申告した情報と、本審査で申告した情報が異なれば審査に不利です。必ず、正しい情報を的確に提供するように心がけましょう。
(⇒カードローン仮審査の重要度はどれくらい?

銀行のカードローンの仮審査はどれぐらいの時間で受けられるのか

銀行のカードローンは、審査が厳しいといわれています。そのため、申し込みをするのに尻込みをしている人もいるのではないでしょうか。もし申し込みをして審査に落ちてしまったら、お金が必要なときに借りることはできません。今すぐお金を借りたい人ほど時間を無駄にしたくないので、申し込みの前に借りられるかどうか確認したくなるでしょう。

申し込みをする前に借りられるか確認したいなら、仮審査を受けてください。簡易的な審査なのであくまでも目安にしかなりませんが、問題がなければ銀行のカードローンが利用できる可能性は高くなるでしょう。もし仮審査で落ちてしまったら、別の銀行や消費者金融に申し込めば良いので、無駄な時間を過ごすこともありません。

仮審査は、カードローンのサービスを開設している公式ホームページにあります。必要事項を記入してボタンをクリックすれば、審査結果が表示されるでしょう。記入する必要事項の数にもよりますが、少ない場合には1分もかかることはありません。

必要事項の数は、銀行によって異なります。生年月日や借入希望額、他社借入など3つほどのこともあれば、住居の形態や家族構成など、本審査並みに必要事項が多い場合もあります。必要事項が多いと、記入するまで時間はかかり面倒だと感じるかもしれません。しかし必要事項が多いほど、仮審査の精度は高くなります。精度が高いほど、正式に申し込みをしてから本審査に受かる可能性も高いので、急いでいても正確に入力してください。

カードローンの仮審査を受けて融資可能と判断されれば、そのまま正式に申し込みましょう。審査スピードの速い銀行のカードローンなら、1時間ほどで融資をしてくれることもあります。ただし、営業時間外や繁忙期などの場合は、申し込みから融資まで数日間待たされることもあるので注意してください。急いでいるときにすぐにお金を借りたいなら、平時から申し込みをしておきましょう。

【参考ページはこちら】
自分に合ったカードローン会社の探し方を教えて!

新着記事
カテゴリー
ページトップへ