> > > カードローンの仮審査に通ると次は何があるのでしょうか

カードローンの仮審査に通ると次は何があるのでしょうか

引っ越しのためにカードローンを利用します。申込みをして審査を受けたいのですが、申込みをすると仮審査があるんですよね?カードローンの仮審査に通ると次は何があるのでしょうか?仮審査で終わりなんてことはありませんよね。どんな審査なのか気になります。

仮審査のあとの本審査に通れば契約することができる!

カードローンに申込みをすると審査がはじまります。それはご存知ですね。まずは、仮審査と言われる審査です。これは申込書を元にコンピューターに仕分けをしてもらうものです。たとえば、年齢が条件に達しているか、収入の有無などです。基本的な条件をクリアしているかどうかを審査するのです。仮審査は簡易的なものなので時間はそこまでかかりません。

この仮審査を終えると、本審査というものにはいります。本審査では仮審査とは異なり、人の手が入ります。人の手によって申込書を細かく確認するのと同時に、過去の借入状況や現在の状況を個人信用情報で確認をします。

カードローンの審査で有名なのが勤務先に実際に電話をする在籍確認ですが、在籍確認は本審査で行われます。在籍確認では、本当に勤務しているかどうかを確認します。そのときにカードローンを名乗ることはないので、勤務先にはバレるおそれはないので安心してください。
(⇒カードローン在籍確認に関するオススメ記事はこちら

本審査をクリアすると、本審査で確認・判断した申込者の情報を元に利用限度額や金利を申込者に合わせて決めます。それを申込者に提示し、申込者が受け入れると契約にうつる流れになります。

本審査は仮審査と違い、人の手が加わる分、時間がかかります。カードローンによっては2、3日かかるところもあるようです。急ぎでない場合は気長に待つようにしましょう。また、審査では申込書に記入した連絡先に確認の電話がかかることもありますので、いつでも連絡がとれるようにしておきましょう。

カードローン仮審査通ると必ず本審査も通るのか

カードローンは今ではインターネットから申込む事が主流となっています。わざわざ会社に足を運ばなくても、インターネットが出来る環境さえあれば24時間いつでも審査をしてもらう事が可能になっています。

この審査には近年では仮審査と本審査が存在しています。この仮審査は自動シミュレーションソフトを使用して、仮に審査をした場合、審査に通るのかどうかを判断する事になるものです。つまり、仮審査をした実績はカード会社には知られる事はありません。これはメリットが強いように思われますが、実際にはデメリットも存在します。その理由とは、仮審査はカード会社の審査員が見ていないからこそ、仮審査に通ったからと言って本審査に通る訳ではないからです。

経済力を表す数字が充実していたとしても、社会的信用の面で審査の基準に達する事がなかったという場合においては本審査を通過する事は出来ません。カードローン仮審査通ると本審査も通るというのは間違いということになります。

カード会社は利用希望者から送られてきたデータだけを見て審査をする訳ではありません。信用情報を閲覧して、利用希望者が送ってきた情報に偽りが無いかどうかを徹底的に調べあげられる事になります。そして、その際にその人物の社会的信用がどれぐらいあるのかという事も調べられる事になります。

この項目においては経済力の有無よりも大切と言っても過言ではなく、お金の貸し借りをする上で信用があるというのは最も大切な事になってきます。経済力があっても信用が無ければ、会社としてはそんなリスクを負ってお金を借す訳にはいかないので審査に通過する事はありません。

仮審査とはあくまで仮であり、本審査には遠く及ばないということです。しかし、仮審査では少なくとも自分の経済力がどれほど世間に通用するのかという事は知る事が出来ます。それを知る事によって、他の会社に申請しようかどうかも決める事が可能になります。

【参考ページはこちら】
カードローン仮審査の重要度はどれくらい?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ