> > > カードローンの仮審査と本審査の違いはどこにあるか

カードローンの仮審査と本審査の違いはどこにあるか

カードローンについて聞きたいことがあります。カードローンを利用するには審査に通る必要がありますよね。この審査には仮審査と本審査があると聞いたことがあります。仮審査で通れば本審査に通るのは確定なのでしょうか?そもそもカードローンの仮審査と本審査の違いはどこにあるか教えてください。

仮審査は機械的に行われ、人の手が入るのは本審査!

カードローン審査には仮審査と本審査があると言われています。申込みが受理されたらまず仮審査にかかることになります。仮審査では基本的な条件、年齢や収入の有無、申込書の不備がないかなどコンピューターでふるい落とす形になります。機械的な審査になるので、審査時間はそこまでかかりません。よくカードローンのホームページに審査は最短で30分なんて書かれていることがありますよね。これは仮審査の時間のことが多いです。

その仮審査が終わると次は本審査に入ります。本審査では仮審査とは異なり、人の手によって信頼できる人かどうかの判断に入ります。ここでは申込書の内容が間違っていないかを細かく確認し、個人信用情報で過去の借入履歴や状況を確認します。また、職場に電話をかける在籍確認も本審査で行われます。これらのことをしっかり確認したうえで利用限度額や金利を申込者に合わせて決定することになります。

仮審査はあくまでも簡易的な審査であり、本格的な審査は本審査になります。仮審査を通れば本審査も通るかと言われるとそうではありません。たとえ、機械的な仮審査を通ったとしても過去の借入履歴など本審査で人の手が入ったときに落ちることもあります。

また、本審査では申込書を細かく確認すると述べました。間違いや嘘があると落ちる原因になります。最近ではネットでの申込みも簡単にできるので、打ち間違えが内容に送信ボタンを押す前にしっかり確認することが大切です。

【参考ページはこちら】
カードローンの審査基準ってどうなってるの?

カードローンの仮審査と本審査の違いとは?

カードローンの審査は主に二つのステップに分れていると考えると良いでしょう。1つが仮審査であり、もう一つが本審査となります。しかし、仮審査と本審査の違いってどこにあるのでしょうか。
(⇒カードローン仮審査に関するオススメ記事はこちら

まず、仮審査は本示唆の前段階の審査となります。当然仮審査を通過することができなければ本審査も通過することはできません。
では、仮審査では何が問われるのでしょうか。具体的には、大抵のカードローン会社では本人の信用情報がチェック項目となっています。過去に、借り入れなどをしたことが無い人はこの審査は問題ありません。

ですが、昔借り入れなどを一回でもしたことがある人はこの項目にかかわってきます。具体的には、昔借り入れをして3カ月以上の大幅な延滞をしたことがあるかどうか問われたり、自己破産になってブラックリストとして掲載されていないかどうかが問われるのです。他にも、複数の金融機関から既に借り入れをしていないかどうか、さらにはその借入金は収入に対して過剰でないかどうかが問われます。

出は本審査は何を問うのかというと、本人の確認書類のチェックや収入証明書などのチェックがここではなされます。勤務形態や、その職場への勤続年数なども考慮されて最終的に貸し付けしてもOKかどうか判断されるのです。最後には本当にその職場で働いているかどうかの電話確認もされて、GOサインが出ます。

このように、本審査との違いとしては、主にチェックされる項目が大きく違うという点になります。前段階では信用情報のh節句やほかの会社からの借入金などがチェックされます。ここで、問題があると判断されればアウトとなります。例え本審査でチェックされる項目に問題が無くともアウトとなります。

逆に、本示唆のチェック項目で落とされることもあります。収入が低すぎたり、安定した職についていないとみなされればそれだけ、審査に合格できる見込みは限りなく低くなるのです。両社ともに合格しなければカードローンは借りれないという事は理解しておきましょう。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ