> > > カードローンにある仮審査の重要度はどれくらいですか?

カードローンにある仮審査の重要度はどれくらいですか?

カードローンに申し込もうと思い、いろいろなカードローン会社のホームページを見て違いなどを調べています。そんな中、よくみる「仮審査」の文字。これってなんのためにあるのですか?重要度はどれくらいあるのですか?

カードローンは仮審査と本審査と2重にあり、仮審査は重要です

まず、お金を貸してくれるカードローン会社も商売なので、貸しても返してくれない人には貸したくないですよね。なので、お金を貸す前にこの人は返済能力があるか・過去にトラブルなどになってないか等、貸す人の情報を集めるのは当たり前のことなのです。そして、その審査にはだいたい「仮審査」と「本審査」の2重で行うカードローン会社がほとんどなのです。
(⇒カードローンの仮審査が終わった後は何があるの?

ではまず、この2つ具体的に何が違うのかからお話します。仮審査。これは機械的にやっている会社がほとんどです。コンピューターで申込みがあった金額の返済シュミレーションをしてみたり、過去のデータなどで貸しても大丈夫か否かをふるいにかけるイメージです。この仮審査はコンピューターでやるので、結果が出るまでが早いです。今や半日もかからず、わずか10分で!と謳っているカードローン会社もあるくらいです。

そして本審査。こちらは、仮審査を通った次の段階で、コンピューターではなく人がやります。より細かく貸しても大丈夫かの情報を集めたり、過去の状況のチェック、さらには勤め先などへの在籍確認も行います。こうして、本審査も無事に通ることができるとお金を借りられる、ということになります。

そして、質問にあった「仮審査は重要なのか」という点ですが、一言で言うなら重要です。まず、そもそも仮審査を通らなければ本審査には進めません。もちろん本審査に進むことができなければ、お金を借りることはできません。なので、仮審査は必要不可欠でとても重要ということになります。ちなみに、仮審査が通っても本審査が通るということではないので、誤解しないようにご注意くださいね。

カードローンの申し込み時の仮審査における重要度

カードローンの申込みは、インターネット、書類の郵送やファックス、来店、電話などいくつかの申込み方法が有ります。
インターネットなどの申込みは、24時間いつでも受け付けが行われていますので、利用される人も多いものです。
また、金融機関が休みの時でもインターネットで有ればいつでも申し込みが可能になり、翌営業日に審査が行われてローンの利用が可能になります。

尚、申込みを行うと同時に、仮審査受付と言う形になります。審査は、この後本審査が行われることになるわけですが、仮審査と言えども申し込み内容の把握や、申込書の漏れなどが無いようにしなければなりません。インターネットの中には、簡易審査が出来る銀行や消費者金融も有りますが、簡易審査と言うのは機械的に処理を行っているものであり、この後に行われる審査によっては通過出来ない事も有ります。

カードローンの申込みにおける審査での重要度と言うのは、申込者の信頼性であり、信頼性を確認して問題が無いと判断された場合に審査に通過する事が可能になるのです。

カードローンはキャッシングを利用するローンですので、使う事で返済義務が生じる事になります。
お金を貸す側は、申込者の信頼性を重要視しますので、返済がきちんと行える人であり、利息をきちんと支払ってくれると言う判断が下された場合に限り審査に通る事が出来るのです。そしてその基準になるのが信用情報機関が管理を行っている個人信用情報なのです。

申込みが有ると、個人信用情報を照会して問題の有無を確認します。
また、この照会を行った情報も、随時個人信用情報に記録が残されることになりますので、別の金融会社で申込みを行えば、その時の照会記録を知ることが可能になるのです。

仮審査での情報の照会が行われていて、それを数社繰り返していれば、申込みブラックと言う形になるので注意が必要なのです。また、個人信用情報の中に延滞の記録や自己破産などの記録が有る場合は、ブラックの状態となりますのでカードローンの申し込みをしても審査に通ることはないのです。

【参考ページはこちら】
カードローンの仮審査に関するオススメ記事はこちら

新着記事
カテゴリー
ページトップへ