> > > うっかりブラックな人でも引き落とし可能なカードローンは?

うっかりブラックな人でも引き落とし可能なカードローンは?

自己破産や多重債務による裁判処理ではなく、うっかりブラックとなってしまいました。そんな人でも引き落とし可能となるようなカードローンはないでしょうか?

中小のサラリーマン金融がベストです

オススメは中小のサラリーマン金融です。まず、うっかりブラックであっても基本的に銀行ではカードローン作成は不可能となっています。近年では、うっかりブラックな人でも引き落とし可能なカードローンというのは、ランキングでも紹介されていたりしますが、こちらで紹介されている銀行については基本的には古い情報を元にしてランキングされているだけです。つまり、今では対応していないのです。

そもそも、うっかりブラックな人になってしまうと、引き落とし可能となる金融業者は減ってしまいます。また、サラリーマン金融を思い浮かべるは多いのですが、実を言うと今ではサラリーマン金融もブラックな人にはお金を貸さないようになっています。(こちらもご参考にどうぞ→ブラックでもOKのカードローンってあるの?)では、どうして中小のサラリーマン金融であればOKなのか・・・というと、それは中小のサラリーマン金融は独自の経営戦略をもっているからです。

例えば、「ブラックリスト専門」もありますし、「他の業者で断られた人向け」といった中小のサラリーマン金融はあるのです。どうしてかというと、ノルマというものがあるので、できるだけノルマをクリアできるような経営を意識して運営しているような業者もあるからです。中小のサラリーマン金融以外では街金もそうなのですが、街金の場合にはブラックリストOKかNGかがハッキリしていないケースが多いのでオススメはできません。
(⇒ブラックでもカードローンを利用したい方にオススメ記事

カードローンの引き落としをうっかり忘れているとブラックになる?

カードローンの返済方法として口座引き落としを利用している人は多いでしょう。ATMでの返済ならうっかりと忘れてしまうこともありますから、口座から自動的に引き落とされるメリットは大きいです。ただ、口座に残高がないと引き落とされないですから、残高をチェックしておくことは必要です。

もしも残高不足で返済ができなかった場合にはどうなるのでしょうか。まず、約束通りに返済をしなかったことになりますから、「滞納」あるいは「延滞」といった扱いになります。この場合には遅延金利が適用されて、高い利息を支払わなければなりません。ただ、少し遅れたくらいならすぐに返済をすれば大きな問題にはならない場合が多いです。

何ヶ月も返済をしないでいると、その情報が登録されます。これがいわゆるブラックという状態です。ブラックになってしまうと他の金融機関から借り入れをする事ができなくなりますし、クレジットカードを作ろうと思っても作ることができなくなります。その期間については、金融機関がそれぞれ判断をして登録することになりますから、それぞれで異なっています。大まかな相場は90日です。

ですから、90日間滞納をするとブラックになってしまうと考えておきましょう。だからといって90日なら滞納しても良いと考えるのは良くありません。やはり、返済が遅れてしまうと信用を失ってしまうことには変わりはありません。そのために、増額申請をしても却下されたり、たびたび滞納をしていると利用停止になったりすることもあります。

もしもうっかりとしていて残高が不足してしまった場合には、まず借りている金融機関に電話などで相談をしてみるのが良いです。たいていはATMや振り込みなどで返済をすることができますから、できるだけ早く返済をするべきでしょう。遅れる場合にも、電話を入れておくだけで印象は大きく変わりますから、今後の取引を考えてみても、連絡だけはしておくのが良いです。

【参考ページはこちら】
自分に合ったカードローンってどうやって選べばいいの?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ